子供とは違う?大人ニキビの原因と対策とは?

子供の頃、ニキビに悩まされた男性も多かったのではないでしょうか。

大人になってからもニキビができることはありますが、実は子供の頃と大人になってからのニキビでは原因が異なるのです。

同じものだと侮っていると思わぬしっぺ返しが来るかも、と言うことで大人ニキビの原因について解説していきます。

思春期のニキビはホルモンバランスが原因

大人ニキビを解説する前に思春期のニキビについて解説します。

ニキビの原因は多くあれども、その多くは「皮脂の過剰分泌」によるものです。それは大人ニキビも思春期のニキビも一緒なのですが、思春期には固有の理由があるのです。

それは、成長に伴って自然にホルモンバランスが崩れることです。皆さんも経験がありませんか?

ある程度の年齢になるとそれなりに男らしさ、女らしさが表に現れること、あれは成長ホルモンが分泌されることによります。

その際にホルモンバランスが崩れてしまい、主に男性ホルモンの影響によって皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

そのため、今までは気にならなかったニキビが急に顕著に現れてしまうのです。

しかも見た目が気になるお年頃なら大変です。筆者もクラスメイトにいましたよ、やたらとニキビを気にする女子が。

大人になれば様々な要因が重なる

大人になっても基本的に皮脂によってニキビが発生するのですが、その理由も基本的には同じ、ホルモンバランスの乱れによるものが多いです。

しかし、思春期と異なり、大人はこれ以上成長しませんんよね。しかし逆に大人には大人に独特の理由でホルモンバランスが崩れたり、その他にも様々な要因が重なってしまうのです。

子供の頃はホルモンバランスが整うことでニキビも改善するでしょうが、大人の場合は自然に治るかどうかは怪しいのです。

その代表的なものは「ストレス」です。現代社会においてストレスを感じる機会はさぞ多いことでしょう。

ではなぜ、ストレスがホルモンバランスを崩すのかといえば、ストレスを感じることで自律神経が乱れ、副腎皮質ホルモンが分泌されて男性ホルモンの分泌量が増加するのです。

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあり、それによってニキビの原因となってしまうのです。ちなみに女性であっても男性ホルモンは作られるので、女性でもストレスでニキビは発生します。それだけならまだ良かったかもしれませんが、大人の場合には更に様々な要因が重なるのです。

まずは「喫煙」です。

タバコの煙には活性酸素を増やす弊害があり、発生した活性酸素を取り除くためにビタミンが失われます。そうなると肌の健康を保つためのビタミンが不足するのです。子供でも副流煙の心配はあるのですが、大人になって自分でタバコを吸えば更にリスクは高まります。

肌の健康を損なう原因は他にも「睡眠不足」が挙げられます。

一人暮らしをしている人には顕著ですが、睡眠時間が少なく、一定でない人は肌の健康を損なう原因となります。男性の中にも「乾燥肌」に悩まされている人はいませんか?

実は乾燥肌も危なくて、肌が乾燥することで肌を守るために皮脂が多めに分泌されてしまい、ニキビの原因となってしまうのです。

これらの原因は理論上、子供であっても起こりうることですが、タバコの煙を吸う機会も少なく、大人ほどストレスも受けない、基本的に寝る時間は毎日一緒、その他健康管理に関しても両親がきちんと見てくれていることでしょう。ただでさえ子供よりも発生する条件が多い中、大人になればそれらを自分で解決していかなければないのです。

大人ニキビの対策は?

まず、健康的な生活を心がけることです。健康的な生活を送ることは肌の健康を維持することにもつながります。

タバコを吸っているのであれば止めることをお勧めします。次にスキンケアを十分に行うことです。現在では男性用のスキンケア商品も数多く販売されているので、決して恥ずかしがる必要はありません。

正しいスキンケアで肌の健康を維持し、健康的な生活で内部からニキビの発生を食い止めることで十分なニキビ対策となります。

ページ上部へ戻る