育毛剤おすすめ比較ランキング 効果のある成分と選び方

育毛剤を見比べてみた時に、「○○配合」とか「××増量」というキャッチフレーズを見かけることもあるかと思いますが、聞き覚えのない成分ばかりで、それがどのような育毛効果を発揮するか分からずに魅力を感じることができないことも多いでしょう。

そこで、多くの育毛剤に配合されている、育毛剤としては有名な成分について簡単に説明していきます。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、「グリチルリチン酸ジカリウム」などの名称でも呼ばれる成分で、その特徴は「抗炎症作用」です。

頭皮では皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まり、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうことで薄毛の原因となります。

グリチルリチン酸2Kには高い抗炎症作用があり、頭皮の炎症を抑えて予防し、同時に抗アレルギー作用や雑菌の繁殖防止などにも効果を発揮することで頭皮環境を改善します。この成分は「甘草」から抽出された成分であり、自然成分なので副作用の心配がありません。

M-034

北海道の「ミツイシコンブ」から発見された成分であり、比較的最近になって育毛剤に使用され始めた成分です。

その働きは「血管拡張」で、血流を良くすることで頭皮や髪に栄養が行き届くようになり、育毛に効果を発揮します。同様の働きをする育毛成分として「ミノキシジル」がありますが、これには頭皮の痒みや低血圧症などの副作用が報告されています。

M-034は天然成分であり、副作用の報告はありません。育毛においてはその他にも「ヒアルロン酸並みの高い保湿力」や「成長因子の増加」、「毛包の増殖の促進」などの効果があり、育毛成分として高い評価を得ています。

参考サイト:育毛剤おすすめ比較ランキング(若ハゲ防止・予防対策より)

 

オウゴンエキス

コガネバナという植物の根っこから抽出したエキスで、その効果は「DHT(ジヒドロテストステロン)」の発生を抑えることです。

これは男性ホルモンである「テストステロン」が、「2型5—α還元酵素(リダクターゼ)」によって変化した男性ホルモンで、薄毛を促進する働きがあります。

オウゴンエキスには2型5-α還元酵素の働きを阻害する効果があり、それによってDHTの発生を抑えることができます。主に男性型脱毛症(AGA)の改善に効果が見込まれます。

同様の効果がある成分として「フィナステリド」がありますが、これには性欲減退や勃起不全などの副作用が報告されています。

また、同様の効果があり、天然成分としては「ヒオウギエキス」が挙げられます。オウゴンエキスにはその他にも「王炎症作用」や「保湿効果」、「活性酸素の除去」といった効果もあり、多くの育毛剤に配合されています。

センブリエキス

最近ではバラエティ番組の罰ゲームとして知名度の高い植物で、「千回振り出しても(煎じても)苦みが残る」と言われる程の苦さが有名です。

友人も興味本位でセンブリ茶を飲んだことがあるらしく、「飲んだあとに水を飲んでも苦い」という程に苦かったそうです。

育毛効果としては「血行の促進」「毛乳頭細胞の活発化」「抗炎症作用」「活性酸素の働きを抑える」が挙げられます。

毛乳頭を活発にすることで髪の毛の生成を促進し、そのために必要な栄養は血流の良くなった血管からスムーズに運ばれます。炎症と活性酸素の働きを抑えることで頭皮の環境を改善し、育毛に適した頭皮環境を作り出します。

「育毛」と「脱毛防止の環境づくり」を一手に担うことのできる成分として注目され、これも多くの育毛剤に配合されています。多くの育毛剤に配合されているためか、「苦いだけじゃないんだな」と友人も感心していました。

自分に合った成分を知る

しかし、これらの成分が配合されているからといって、確実に育毛効果があるというわけではありません。

薄毛や脱毛の原因は多岐に渡り、薄毛に悩む人それぞれにその原因は異なるのです。原因が異なる以上、そのための対策として必要な成分も異なります。

自分の薄毛の原因が何であるか、その解消のために必要な成分が何であるかを把握して育毛剤を選びましょう。

 

年齢とともに頭が薄くなっていくことに危機感を覚える人は多いです。

特に男性は女性よりも薄毛に対するリスクが高いので、きちんとした対策が必要になります。薄毛対策の代表と言えば、やはり「育毛剤」ですが、今では様々な商品が販売されているのでどれを選べば良いか迷ってしまいます。

そこで、育毛剤初心者の為に育毛剤の選び方についてまとめてみました。

育毛剤は自分にあった効果を選ぶ

育 毛剤と一言に言っても、その配合成分は商品ごとに異なります。配合されている成分が異なるということは、育毛剤ごとの育毛に対する効果も様々であるということです。

薄毛の原因にはいくつか種類があって、それに対して有効な対策や成分も異なります。ということは、よく調べずに育毛剤を購入しても、それが自分 に対して効果があるかはわからないのです。

極端な話をすれば、傷口に風邪薬を塗布することと同じ、必要な効果を持ったものを使わなければ、薄毛は改善する どころか悪化する可能性だって否定できません。恥ずかしいことに、私の父が良い例です。薄毛が気になり始めたので会社の同僚の方に育毛剤を勧められ、効果 も知らないままに3ヶ月ほど使っていたのです。

実家に帰った私に父は「全く効果がない、育毛剤のメーカーにクレームを入れてやろうか」と言ってきたので、 恥ずかしいからやめるように説得するのに苦労しました。

仮に個人の薄毛の原因に合った育毛剤を使ったところで一般的な医薬品同様に人によって効果の現れ方 は異なるのですから、「育毛剤を使えば絶対に毛が生える」という考え方は捨てなければなりません。とりあえず父には別の育毛剤を勧めておいたところ、今度 は効果を実感できたようです。なお、育毛剤を本格的に購入・使用する前に、お試しで1本だけ購入して使用することをお勧めします。

個人によっては育毛剤に 含まれる成分に対してアレルギー反応等を起こす可能性もあり、それは実際に使用してみなければ分かりません。多くの育毛剤では「初回限定」や「お試し価 格」として最低でも1度は安く購入できることが多いので、まずはそれで試してみましょう。

情報・評価を調べておく

自 分にはどのような育毛剤が必要なのか、それを調べるには医師などの専門家の意見を参考にするのが最も効果的ですが、そんな暇がないのであればネットの情報 を参考にすることをお勧めします。

ネットでは、各育毛剤のデータだけでなく、「どのような薄毛の人に効果があるのか」を調べることができます。その中か ら、自分の薄毛のタイプと合致する育毛剤を選べばよいのです。とは言え、特に育毛剤を使ったことがない人には「育毛剤とはどのようなものであろうか」とい う不安が大きいのではないでしょうか。また、「副作用があるのではないのか」という心配もあるでしょう。

実際のところ育毛剤の中には副作用のある成分を含 んだものも確認されていますが、それはごく一部の育毛剤に限られます。それらの不安を解消するためにも、育毛剤についての情報をきちんと把握しておくこと が重要なのです。そしてもう一つ、その育毛剤が果たして効果があるものであるのかという話です。「安物買いの銭失い」どころではありません、育毛剤はそれ なりに高価な商品です。

高額な代金を払っておきながら効果が無かったでは話になりません。そこで参考にしたいのが、実際に使ってみた人の評価・レビューを 調べることです。

その全てが100%真実かどうかは分かりませんが、多くの人が高評価を下しているのであれば安心できるでしょう。

評価の中には、効果だけ でなく使用感やその他の感想に関しても述べられているものが多いので、実際に自分がその育毛剤を使うにあたっての問題点などを事前に知ることができます。 気をつけたいのは「ひとつの情報に踊らされない」ということです。複数の意見を総合的に判断することが重要です。

最後にはお値段

い くつかの育毛剤をピックアップすることができたら、最後に育毛剤を選択する際の条件は「値段」です。

育毛剤はどのような商品であれ、通常は数ヶ月の使用が 前提となります。育毛剤は1本あたり長くても2ヶ月持てば良い方で、効果を実感するだけでも2~3本は購入して使い続けなければなりません。

そうなると、 値段の高い育毛剤では経済的な負担が大きくなるのです。もちろん、安ければ良いというものではないので、あくまでも効果の高さを優先して、候補が複数上 がった段階で値段で最終的な判断をすれば良いのです。

育毛剤の多くは、複数の購入や定期購入で割安になるので、長く使い続けるにあたっての経済的な負担は 軽減されます。1本あたりの値段だけでなく、割安で購入できる場合のやすさも考慮しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る