20代でも安心できない!若い世代にも起こる加齢臭

「加齢臭」と聞くと、40代~50代の男性に起こる体臭で、30代や20代には無縁の話だと思っていませんか?

実は、若い世代であっても加齢臭は発生する可能性が十分にあるのです。そこで今回は、加齢臭の発生メカニズムについてわかりやすく説明していきたいと思います。

加齢臭の原因は「皮脂の酸化」

加齢臭の原因を一言で表せば「皮脂の酸化」です。もう少し詳しく言えば、毛穴の中で脂肪酸である「パルミトレイン酸」が、過酸化脂質によって酸化させられることで発生した「ノネナール」という物質が、加齢臭の臭いの原因です。

年齢とともに体の抗酸化力が低下することで体が酸化しやすくなり、加齢臭が発生しやすくなります。それゆえ、「加齢臭」と呼ばれているのです。加齢臭の原因が皮脂の酸化なので、皮脂の分泌量も加齢臭に深く関わってきます。

加齢臭が一般的には男性に発生するとされているのは、男性ホルモンに皮脂の分泌を促進する働きがあるからで、女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがあるために、男性の方が加齢臭が発生しやすいのです。ただし、女性であってもホルモンバランスが崩れることで加齢臭が発生しやすくなります。実際のところ、私の知り合いにも女性でありながら40代の頃から加齢臭に悩まされたという話を聞いて、当時は私も「加齢臭は男性特有」だと思っていただけに衝撃も大きかったことを覚えています。

活性酸素が大きな要因を持つ

「活性酸素」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。なんとなく悪いイメージのある活性酸素は、実は加齢臭の発生にも深く関わっているのです。活性酸素が増加することによって、ノネナールの発生原因である「過酸化脂質」が増大するのです。

活性酸素の発生原因は多岐にわたりますが、生活の中でも特に「タバコ」と「ストレス」が大きな原因となります。また、スポーツは健康に良いと考える人は多いですが、激しい運動の場合は活性酸素を増やすことになります。逆に、負担の少ない有酸素運動であれば、活性酸素を減らすことができます。

加齢臭の発生原因は「生活習慣病」と同じ

加齢臭の名前のとおり、確かに年齢とともに体の抗酸化力が低下することで発生のリスクも高まりますが、実際には年齢がそのまま加齢臭の原因とはなりません。

実際、私の知り合いにも50代まで1度も加齢臭に悩まされたことはないという男性がいます。逆に、30代で既に加齢臭に悩まされているという話も聞いたことがあるのです。あくまでも加齢とともに発症リスクが高くなるということを念頭に置いておきましょう。そして、加齢臭の原因は「皮脂の酸化」なので、皮脂の分泌量と活性酸素の発生が深く関わってきます。

活性酸素の増加はタバコやストレスによるもので、皮脂に関しては脂分の多い食事や運動不足などが関わってきます。ここまでのラインナップ、どれも「生活習慣病」に深い関わりのある項目ばかりです。つまり、加齢臭は生活習慣病のサインであるとも言えるのです。

既にあなたも加齢臭かも?

さて、加齢臭が悪臭であるということは理解できると思います(人によってはそうでないい人もいるようですが)。なので、加齢臭が発生していたら普通は気がつくはずです。

しかし、自分から発生している加齢臭に関しては実は気がつかないことが多いのです。自分から発せられている臭いというものは、普段から嗅ぎ慣れている臭いであり、鼻がその臭いに慣れてしまっているので異常を感知できないのです。そのため、自分自身は加齢臭とは無縁と思っていても、実は加齢臭によって周囲に不快感を与えていることも考えられるのです。

対策は慎重に

自分では分からない臭いに対抗するために、香水などで臭いをごまかすという方法もありますが、加齢臭においてはリスクの高い方法であると言えます。

香水は消臭するわけでなく、臭いを加算することになるので、加齢臭と混ざることで悪臭がさらに悪化してしまうのです。よくいませんか、職場でやたらと香水の臭いがきつい人、先ほど述べたとおり本人には自覚がないのです。

結果、無知な対策は加齢臭をさらに悪化させる原因となってしまう恐れがあるのです。加齢臭の対策は数多くありますが、それはまたの機会にさせていただきます。

関連記事

ページ上部へ戻る