体毛が濃くなるのは男性ホルモンの影響!?

一般的に男性の方が胸毛や腋毛などのいわゆる「体毛」が濃くなる傾向にあります。

一部の人にとっては体毛の濃さが男性らしさを表していると考えているようです(筆者の周りにも結構います)が、確かに男性に関する「あるもの」が原因で体毛は濃くなるのです。今回は、男性の体毛を濃くしている原因の一つである「男性ホルモン」について詳しく触れていきたいと思います。

男性ホルモンの働き

男性ホルモンには様々な働きがありますが、その中に「体毛を濃くする」という働きがあるのです。

女性にも男性ホルモンは分泌されますが、一般的には男性の方が分泌されやすいため、男性の方が体毛が濃くなりやすいのです。

ただし、女性の中にもホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンの分泌量が増え、体毛が濃くなるという人はいます。

筆者の知り合いの事務関係の仕事に勤めている女性にも、「最近、体毛が濃くなって困っている」という悩みを抱えた女性がいます。

逆に、男性ホルモンの分泌量が少ない男性の場合、体毛が薄くなるということはありえます。

実際、私もその一人で、周囲の同級生どころか弟よりも腋毛などが薄く、親に心配されたことがあるほどです。

男性ホルモンと体毛、毛髪の関係性

男性ホルモンには体毛を濃くする他にもさまざまな働きがありますが、知名度の高さで言えば「薄毛を促進する」というものがあります。

これに則って言えば、「体毛が濃い=髪が薄い」という方程式が成り立つことになりますが、果たして本当にそうなのでしょうか。確かに、胸毛が濃いスキンヘッドの厳つい男性はイメージしやすいですし、読者の皆様の周りにも体毛が濃くて頭が薄いという人はいるかもしれません。しかし、厳密に言えばそれは正しくはないのです。

体毛の濃さと薄毛を結び付けない「5αリダクターゼ」

具体的に言えば、男性ホルモン全てに薄毛を促進する働きはないのです。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」には、皮脂の分泌や毛母細胞の分裂を促進する働きがあるのですが、これ自体には薄毛を促進する働きはありません。問題となるのは毛髪や皮脂内に存在する「5αリダクターゼ」という還元酵素なのです。

テストステロンが5αリダクターゼによって活性化させられることで「5α-DHT」という、テストステロンよりも強力な男性ホルモンに変化します。薄毛の原因はコイツなのです。5αーDHTには髪の毛に必要なタンパク質の合成を阻害したり、皮脂の分泌量を過剰にして毛穴を詰まらせたりと、薄毛の原因となる働きをするのです。

これは髪の毛(特に前頭部と頭頂部)に作用するホルモンであり、体毛には影響を及ぼしません。テストステロンが多くてもそれだけでは薄毛にはなりませんが、5αリダクターゼとの結び付きで薄毛を促進することにはなりますので、体毛が濃い=薄毛になるというのは、あながち間違いではないと解釈することができます。

薄毛改善は体毛改善には役に立たない

薄毛と聞くと、育毛剤として「プロペシア」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

これは先ほど説明したテストステロンを活性化させる5αリダクターゼの働きを阻害することで5α-DHTの発生を抑えて男性型脱毛症の改善に効果が見込まれています。

しかし、中には薄毛の原因が男性ホルモンであること、プロペシアによってそれが改善されることで同じ男性ホルモンによって引き起こされる体毛の濃さも改善されるのではないかと勘違いしている人もいるようですが、プロペシアの主成分である「フィナステリド」はあくまでも5αリダクターゼの働きを阻害するだけで男性ホルモンの量を減らすわけではないので効果は見込まれません。

体毛が濃くなる原因は他にもある

体毛の濃さが男性ホルモンによるものは分かりました。つまり、何らかの原因で男性ホルモンが増加することで体毛はさらに濃くなる可能性が高くなるということになります。

私たちの体の中では、通常ではホルモンのバランスがとれた状態が保たれています。しかし、ストレスを溜めることで自律神経の働きが異常になり、ホルモンの分泌量が変化してホルモンバランスが崩れてしまいます。

もし、ストレスが原因で体毛が濃くなっていると感じているのであれば、ストレスを発散させることで体毛の濃さは改善される可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る