油断大敵!男性だからこそ気をつけたいスキンケア

職場の女性の話し声で「最近お肌が~」とか「スキンケアって大変~」みたいな感じで、お肌の手入れに余念がない雰囲気を感じ取っていることでしょう。

そして同時に、それらを自分には無関係であるという認識でいる男性が多いのも事実です。しかし、実は男性だからこそスキンケアが必要であるという側面もあるのです。

「スキンケア」は肌の美しさだけではない

女性の多くがスキンケアに余念がないのは、お肌を美しく、若々しく見せたいがためという側面が強いように思われます。

確かに、男性の私から見ても肌の美しい女性の方が綺麗に見えるという感想は抱きます。女性にとって、お肌の美しさが一種のステータスになるのです。では、男性の方はどうでしょうか。

汚いよりは綺麗なほうが良い印象を受けますが、肌の美しさが男性の良さを決めるものではないというのが一般的な考え方です。ほ盗撮接する機会の多い営業職や接客業に従事している人の場合、肌の美しさが印象を左右することはあれども、多くの場合では男性は肌の手入れに対してあまり重要視はしていません。

しかしながら、スキンケアは肌の美しさを維持するだけでなく、肌の健康のためにも必要なことなのです。女性は肌の健康を保つことで美しさを保つことができます。しかし、スキンケアに無頓着な男性の場合、肌の健康を維持していないことと同義なのです。

男性の肌の方が乾いている

肌に無頓着な男性でも、「お肌の潤い」などをテレビCMや雑誌で目にする機会はあるでしょうから、肌に潤いがあることは肌にとって良いことであるという印象は持っていることだと思います。

肌の水分が少なければ肌荒れやシミなどの原因となるので、肌には適度な水分が必要なのは事実です。そんな中考えていただきたいのは男女での皮膚の水分量の差です。実は、一般的には男性の皮膚は女性の皮膚の70%程度の水分しか保有していないのです。つまり、女性以上に男性は肌の保湿に注力しなければならないのです。

肌が乾燥していると、男性でも顔色が悪く見えたり、そもそもの見た目の若々しさが失われてしまうようになります。ビジネスや恋愛などにも悪影響がでますので、男性であっても肌の乾燥には注意をしておかなくてはならないのです。

髭剃りは肌を傷つけている

多くの男性は、顎などに生えた髭を毎日剃っていることでしょう。私も毎日髭剃りは欠かしません。

髭剃りにはシェーバーを含め、何かしらの「刃物」を使うのが一般的ですが、つまりは男性は自分の顔を刃物で傷つけていることになるのです。ダメージを負った分、栄養補給等によって肌の補修をしなければなりませんが、朝の忙しい時間の中、髭剃りの後にそこまで気を配っている人は少ないでしょう。

皮膚へのダメージは男女共通

「紫外線は女性の大敵」という印象を持つ人は多いことでしょう。紫外線は皮膚に甚大なダメージを与えてしまうことはなんとなく分かると思いますが、では、それは女性に限定された話なのでしょうか。

男性にだって皮膚はありますから、当然ながら男性も紫外線によって皮膚にダメージが与えられています。

男性はスキンケアに無関心

何が問題かといえば、多くの男性はスキンケアに無関心であるということです。

肌へのダメージは男女共通でありながら、女性はスキンケアで肌の健康を守り、多くの男性は有効な対策を講じていないのです。

女性の中でも「もっと早くにスキンケアしておけば良かった」という声をよく耳にしますが、男性の場合はさらに手遅れになりやすいのです。最近では、男性用の美容液などが販売されていますが、未だに多くの人が「そんな物を使うのは女々しい」とか「男らしくない」といった考えを持っています。そのような考えこそが古い考えであり、唾棄すべき考え方なのです。

肌の健康を守らなければならないことは男女共通であり、スキンケアは決して女性のためだけでもなく、肌の美しさのためだけでもないのです。将来、肌トラブルによる弊害を回避したいのであれば、若いうちから自分の肌の健康に対して目を向けておくことが必要不可欠なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る