加齢臭とは別物!?「ミドル脂臭」について

男性が年齢を重ねるとともに漂う悪臭、今まではそれを全て「加齢臭」と認識してきました。

しかし、もしもそれが比較的若い世代であったり、耳の後ろから発生しているのであれば、それは「ミドル脂臭」かもしれませんよ。聞いたことのない人も多いと思われるミドル脂臭について勉強していきましょう。

ミドル脂臭とは?

ミドル脂臭は、2013年にマンダムが発表した、30代~40代の男性の体臭の悪化の原因となる臭いのことです。

通常、加齢臭の原因となる「ノネナール」は、40代~50代にかけて増加傾向にありますが、調査では男性の体臭の悪化は30代~40代にかけて増加傾向にあることが判明しています。

つまり、30代~40代にかけての体臭の悪化は加齢臭が原因ではないということ、原因となるのは別の物質であるということから研究が開始され、最近になってそれが「後頭部付近の油臭い汗の臭い」であることを突き止め、これを「ミドル脂臭」と定義したのです。

今まで若くして加齢臭に悩まされてきた人も、実はこのミドル脂臭であった可能性が高いのです。

ミドル脂臭の発生原因

ミドル脂臭の原因は、エクリン汗腺から分泌された汗に含まれる「乳酸」が、頭部に住んでいるブドウ球菌によって分解された「ジアセチル」という物質です。

この物質、実は多くの人が嗅いだことのある臭気成分であり、ヨーグルトやチーズ、バターなどの発酵食品の主要な臭気成分なのです。ジアセチルには厄介な性質があり、まず、酢酸(お酢の主成分)と比べて100分の1の分量でも臭いを感じるほどであること、もう一つは、加齢臭の原因物質「ノネナール」に比べて空気中に広がりやすいという点てす。

簡単に言えば、加齢臭よりも厄介な悪臭であるということです。もう一つ付け加えておくと、エクリン汗腺と同様に体表全体に分布している毛穴の中には「皮脂腺」があり、そこから分泌されている皮脂(中鎖脂肪酸)と合わさることで、その臭いをさらに悪化させてしまうという厄介さを持ち合わせています。

ミドル脂臭は、30代~40代にかけて発生しやすく、50代になると徐々に低下していきます。その頃には、加齢臭に苦しめられる可能性もあるわけですが。

ミドル脂臭ってどんな臭い?

先程も説明したとおり、ミドル脂臭の原因物質「ジアセチル」は、発酵食品の主要な臭気成分です。

そのため、臭いの特徴としては「古い油のような臭い」と表現されることが多いです。しかし、これはジアセチルそのものの特徴であり、ミドル脂臭の臭いは少し異なります。

と言うのも、これも説明しましたがジアセチルは皮脂と合わさることで臭いを悪化させるのですが、皮脂を分泌する毛穴は全身に存在します。

つまり、常にジアセチルの臭いは強められているのです。実際に他人が感じるミドル脂臭の臭いとしては「生ゴミのような臭い」「何かが腐ったような臭い」と表現されることが多いです。

そして、この臭いは特に女性が不快感を感じやすい臭いであることが分かっています。男性としては、女性に不快に思われていると感じるのはショックですよね。

もう一つ厄介な点として、ミドル脂臭の発生場所にあります。一昔前、「加齢臭は耳の後ろから発生する」という情報が出回っていましたが、実はこれがミドル脂臭なのです。

ミドル脂臭は後頭部付近で発生する体臭なのですが、要は「鼻の反対側」にあるんです。そんなところから発生している臭いを、果たして常に感じ取ることが出来るでしょうか。

つまり、他人にはきつい悪臭も、発生させている自分自身は気が付いていないことが多いのです。気がつかないということは「対策しようとしない」ことであり、人に言われるまで悪臭の発生を放置している可能性が極めて高くなるのです。特に職場であれば、知らないうちに人に嫌われている、ということは十分に有り得るのです。

関連記事

ページ上部へ戻る