安心して靴を脱げる、足の臭い撃退法!

1日中履いていた靴を脱いだ時の臭い、人によっては家中に広がる悪臭となることもあるでしょう。

一人暮らしらまだしも、家族で暮らしている場合には家族からの総スカンは確実でしょう。

それだけじゃなく、仕事関係にも差し支える可能性も十分にありえます。そこで、足の臭いを撃退する方法をいくつかお教えしましょう。

足の臭いの原因は「細菌」

そもそもに、なぜ足が臭うようになるのか、その原因は「細菌の繁殖」によるものなのです。

靴を履いていることで靴の中の温度と湿度が高くなり、細菌にとって繁殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。細菌なので洗い流せば問題ありませんが、仕事の最中に靴を脱いで足を洗うことなど出来るでしょうか。

1日中靴を履いている人にとって、靴の中は細菌たちの楽園と化しているのです。なお、細菌そのものが臭いを発しているのではなく、細菌が「あるもの」を分解する際に悪臭が発生するのです。

それは、足の裏の汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質なのです。以上をまとめると、足の臭さ=細菌+皮脂&角質ということ、これを無くすには「細菌の繁殖を抑える」ことと「古い皮脂や角質を取り除く」ことが重要になるのです。

細菌を繁殖させない方法

先程も述べましたが、足を洗うことが最も効果的ですが、仕事中に足を洗える職場などほとんど無いでしょう。

そのため、事前に対策を講じておくことが重要となります。その対策として有効なのが「除菌スプレー」です。除菌スプレーにもいくつか種類があって、足に直接吹きかけるもの、靴下に吹きかけるもの、靴に吹きかけるものと様々です。

特に足に直接スプレーするものは出かける前に使用することで一定時間、効果が持続します。靴にスプレーするタイプであれば、ちょっとした時間にスプレーすることもできなくはないでしょう。

ともかく重要なのは「除菌」や「抗菌」の効果の高さです。注意したいのはそれらの効果がない芳香剤や消臭剤を使用することです。特に問題なのが「除菌・抗菌効果のない芳香剤」です。

臭いというものは混ざり合うことで悪臭を強める性質を持つものが多く、場合によっては足の臭いと芳香剤が混ざり合い、更なる悪臭が靴の中で生まれてしまう可能性があるのです。

臭いの元である細菌が残っているので、これでは解決にはなりません。使用するものはあくまでも除菌と抗菌に効果があるものを選びましょう。

細菌が分解する皮脂と角質を抑える方法

たとえ細菌が生き残っていたとしても、分解できる皮脂や角質がなければ悪臭を発することはできません。

完全に皮脂や角質を無くすことはできませんが、普段から入浴の際に足を洗うことで古い皮脂や角質を洗い流すことができます。

また、皮脂や角質は汗とともに流れ出すので、汗を抑えることも重要です。そのため、制汗作用のあるスプレーを使用することが効果的です。細菌の繁殖を抑える方法で説明したスプレーの中には、制汗作用のあるものも多く存在します。

できるだけ「除菌・抗菌」と「制汗」の両方の効果があるものを選ぶことをお勧めします。

ストレスを溜めない

足の臭いに限った話ではないのですが、ストレスが溜まることは体臭を悪化させる原因となります。

知人にも「仕事中だけ足が臭う、休日は外出しても臭わないんだ」と不思議がっていた人もいます。

実はその原因はストレスにあって、緊張することで発汗が促進され、汗の中に「乳酸」などが含まれるようになります。

乳酸が乾くことで酸っぱい体臭の原因となるのです。

それだけではなく、長期間ストレスを溜め続けると代謝が悪くなり、体中の不調の原因となります。

胃腸機能が低下して消化不良を起こすと、体内でガスが発生して血流に乗り、それが体臭となって現れるのです。

あるいは体臭がストレスの原因となり体臭を悪化させるという悪循環を繰り返している人もいるかもしれません。適度にストレスを発散させることを心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る