お手軽な足の臭いなどの体臭対策!「重曹」と「ミョウバン」の魅力をご紹介

体臭対策として消臭スプレーなどを多用されている方もいらっしゃいますが、どうしてもお金がかかってしまいますよね。

お金をかけずに体臭をどうにかしたい、そんな人にお勧めなのが「重曹」と「ミョウバン」なのです。それぞれにどのような魅力があるのか、簡単に説明していきたいと思います。

何かと便利な「重曹」

重曹は、ふくらし粉として食品スーパーでも安価で販売されている、購入の容易なものです。

アルカリ性の「重曹」は、汗に含まれる酢酸を中和することができ、汗臭さを軽減することができます。

台所の消臭に効果的であると言われているのも、台所では酸性のものが多く、中和することで臭いを無くすことができるのです。

実際の使い方としては、100mlの水に小さじ1杯の重曹を溶かした「重曹水」を用いるのが簡単な方法です。

100円ショップでスプレーボトルを購入しておくことで、消臭スプレーと同じように好きなタイミングで手軽に使用することができます。

また、酸性の汚れを強力に落としつつ、消臭効果も期待できるため、台所や玄関など、臭いと汚れの気になる箇所の掃除において洗剤代わりに使用することもできます。

体臭の対策だけでなく、掃除にも幅広く使うことが出来るのです。それだけではありません。加齢臭の原因である「ノネナール」は脂肪酸が酸化させられた物質であり、これも「酸性」です。

同時に油汚れでもあるので、通常の家庭用洗剤では油汚れに対応してないことが多く、加齢臭が衣服に染み付いたままになることが多いのです。

そこで、洗濯機に入れる前に30分ほど重曹水に浸しておくことでノネナールを除去し、消臭も行うことができます。消臭・掃除・洗濯と、生活における様々な場面において重曹は役に立つのです。

重曹のデメリット

この話を友人にしていたところ、

「あれ、けど肌って弱酸性がいいんじゃなかったっけ?ボディソープのCMでもそんな感じに言っていたような?」

という質問が飛んできました。

確かにそうなのです。人間の肌は弱酸性であり、重曹は正反対の性質を持っています。重曹水を長く使用していると肌は徐々にアルカリ性になります。

するとどうなるかと言えば、皮膚表面に住んでいる細菌が繁殖しやすくなるのです。

本来、汗には臭いがないのです。

これが臭う原因は、細菌が汗の中に含まれる皮脂や古い角質、場合によっては乳酸などを分解する際に悪臭が発生するのです。この細菌は酸性の環境下では繁殖できません。

つまり、重曹は細菌たちにとって住みやすい環境を作り出してしまうのです。重曹自体にも殺菌作用はありますが、細菌の繁殖を手助けすることになってしまうのです。

ミョウバンは単独でも併用でも使える

そこで登場するのが「ミョウバン」です。ミョウバンにも殺菌作用がありますが、こちらは重曹と異なり「酸性」です。

つまり、使用し続けても皮膚が細菌の住みやすい環境になることはないのです。洗浄力が強いのは重曹の方なので、重曹を使いながらミョウバンも併用することで、重曹のメリットを活かしながら肌のアルカリ化を防ぐことができます。

ミョウバンも、重曹と同様に「ミョウバン水」を作り、スプレーボトルに入れて使用することができます。ただし、ミョウバンはなかなか水に溶けないので、混ぜたあとは冷暗所で数日保存してください。

透明になっていたら完成です。ミョウバンも重曹と同様に食品スーパーで販売されています。ミョウバン水を作るのであれば、重曹のより効果的な利用法も実践できます。

それは「重曹入浴剤」です。お風呂にひとつかみ程度を混ぜるだけで完成です。これはアルカリ性の温泉と同様の効果が期待でき、肌を柔らかくすることで古い角質を落としやすく、汚れや皮脂も落としやすくなります。

入浴後は肌がアルカリに傾いているので、これをミョウバン水で中和して酸性を保つことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る