なぜ薄くなる?薄毛の原因を徹底解明

年齢を重ねるごとに、鏡に映る自分の頭を見るのが憂鬱になったりしていませんか?今は他人事でも、数年後にはあなたも薄毛に悩まされる可能性は十分にあります。時には急に髪が抜け落ち、薄毛に悩まされるようになることもあります。今回は、薄毛の原因について説明していきます。

頭皮が炎症を起こしている

頭皮が炎症を起こすことが薄毛の原因となることがあります。

頭皮は毛穴から皮脂を分泌していますが、これが過剰になって毛穴に詰まることで雑菌が繁殖し、炎症を起こして頭皮の環境を悪化させます。頭皮の皮脂が過剰になる原因はいくつかあって、洗髪が十分でなかったり、逆に洗浄力の強いシャンプーで何回も洗うことで皮脂が不足し、不足した皮脂を補うために皮脂腺が皮脂を過剰に分泌することもあります。

また、脂分の多い食べ物中心の食生活では皮脂の分泌量が増加します。そもそも男性の場合、男性ホルモンが皮脂の分泌を促してしまうため、女性よりも皮脂が分泌されやすいのです。

場合によっては、頭皮でカビの一種が繁殖している可能性もあります。様々な原因によって頭皮は炎症を起こし、頭皮環境が悪化することで薄毛の原因となります。

血行が悪くなっている

結構の悪化が薄毛の原因となることもあります。髪の毛や頭皮の環境維持にも栄養は必要ですが、それを運ぶための血液の流れが滞ることで必要な栄養が十分に行き届かない可能性があります。

そうなると髪の毛が丈夫に育たず、細くてう抜けやすい髪になってしまいます。頭皮環境も悪化しやすくなり、余計に薄毛を促進してしまいます。

血行が悪くなるのにはいくつか理由がありますが、特に髪の毛の場合は「ストレス」が関係していることも多いです。

よく「イライラするとハゲる」という話を聞きますが、これはストレスによって血管が収縮し、血行が悪くなることが理由として大きいです。

実際のところ、ストレスが薄毛の原因となる理由はいくつかあり、「円形脱毛症」として現れることが多いです。

男性ホルモンの影響

男性ホルモン自体には「体毛を濃くする」という働きがあるだけで、薄毛の直接の原因にはならないのです。

しかし、男性ホルモン「テストステロン」が「2型5-αリダクターゼ」によって活性化することで「DHT」というホルモンに変化します。これには髪の元となるタンパク質の合成を阻害し、皮脂を過剰に分泌させることで薄絵の原因となります。

特にDHTは前頭部と頭頂部に影響しやすく、「男性型脱毛症」のように前頭部と頭頂部が薄くなるのはそのためです。女性の場合でもホルモンバランスが乱れることで男性型脱毛症になる可能性があります。

 

 

毛が抜けることは自然

薄毛や脱毛症の原因は他にも存在しますが、そもそも髪の毛が抜けること自体は普通に起こるのです。

体毛には「毛周期」というものがあり、その最後の段階では髪は自然に抜け落ちます。そのため、髪が抜け落ちたからといってそれがすぐさま何かしらの病気であるとかそういうことはないのです。

私の友人にも髪が抜け落ちたことでストレスを感じ、脱毛が進んでしまったという人がいます。

髪が抜け落ちた原因が脱毛症でなかったとしても、「髪が抜け落ちた」ということにショックを受け、ストレスが溜まって血行が悪くなり、本当に脱毛症に苦しめられることになりかねないのです。

少し話はそれますが、女性は妊娠すると女性ホルモンの増加によって髪が抜け落ちるのを防ぐのですが、出産後はホルモンバランスが元に戻って一気に髪が抜け落ちることがあるそうです。

男性の場合だって偶然髪が抜け落ちる時期が重なっただけであることもあるでしょう。

仮に一気に髪が抜けたとしても少し様子を見て、抜け続けるようなら皮膚科を受診したり育毛剤を使用することで対策を打ちましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る