間違ったケアで余計にひどくなる、頭の「フケ」について

頭からポロポロと落ちてくる「フケ」は、不潔の象徴のように扱われてきました。

確かに不潔にしていると発生しやすいですけども、そうでない人にもフケは発生するのです。間違った頭皮ケアをしている人は特に増えやすいです。

そこで、フケに関しての地域を高めるためにフケの特徴や原因について簡単に説明していきます。

そもそも「フケ」って何?

フケの正体をご存知ない方も意外と多いものです、フケは頭皮の角質が剥がれ落ちたもので、生理的な現象であって誰にでも発生します。

そのため、フケが落ちるからといって特別なことではないのです。とは言え、きちんと頭を洗っていて健康であれば、発生するフケは小さく、目立つようなものではありません。

それが目立つほどに大きく、量が多い場合には何かしらの原因があるのです。

フケには2種類ある

フケには大きく分けて「脂性フケ・湿性フケ」と「乾性フケ」の2種類が存在します。

どちらも頭皮から発生することには変わらないのですが、その性質は大きく異なり、それぞれに応じた対策が必要になります。

脂性フケ

頭皮の毛穴から分泌される皮脂が過剰になり、頭皮が湿り気を持ちすぎている状態で発生するフケです。

皮脂が過剰であるため油っぽく、湿り気があります。頭を爪で引っかいた時に爪に溜まるのはこちらのタイプのフケです。

代表的な原因は「洗髪不足」です。

十分に洗髪ができていれば余分な皮脂は洗い流せているからです。

ただし、毎日きちんと洗髪していても脂性フケが発生する可能性があり、その中には「脂漏性皮膚炎」という病気もあります。

皮脂が過剰になることで炎症が起こる病気で、カビの繁殖が原因となることもあります。その他にも食事バランスやストレスなどが原因で脂性フケが発生することもあるので、フケが湿り気を持っているからといって洗髪を過剰にしたり洗浄力の強いシャンプーを使うことでは改善しないことも多く、逆に「乾性フケ」の原因となる可能性もあります。

乾性フケ

乾性フケは文字通りに乾いているフケであり、パラパラと落ちやすいフケでもあります。

その原因は頭皮の皮脂が不足していて、皮脂による最低限の保護すら行き届かずに頭皮が乾燥し、細菌の繁殖も起こりやすくなって頭皮の角質がはがれやすくなっていることです。

なぜ皮脂が不足するか、その原因は「シャンプーのしすぎ」であることが多いのです。

フケの発生を気にして洗髪回数を増やしたり、洗浄力の高すぎるシャンプーを使うことで頭皮に必要な皮脂まで全て洗い流してしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

特に乾性フケを気にするあまり、「頭皮の洗浄が足りないのではないか」という不安にかられて間違った過剰な洗髪を行い、その結果乾性フケを悪化させてしまうという悪循環を繰り返すこともありえます。

フケが気になるなら皮膚科へ

フケの発生には何かしらの原因があります。

しかし、その原因は多岐にわたり、それゆえに有効な対策もその人によって異なるのです。フケの原因を勘違いし、間違った対策をしてしまうとフケを悪化させてしまいます。

場合によっては何かの病気であることも考えられるので、よほどフケが改善しないのであれば皮膚科で診てもらうのが一番です。病気でなかったとしても適切なアドバイスがもらえますし、病気の場合であれば正しい治療を受けることができます。

私も同様の相談を友人から受けた際、頭皮にやさしいシャンプーを勧めながら同時に皮膚科の検診を勧めておきました。

結果、何かしらの病気であったということを聞いています。そのシャンプーでは完全には改善することができなかったので、皮膚科を受診してもらって正解でした。フケの発生は常に不潔であることを表すものではなく、時には病気のサインであることも考えられます。

とは言え、知らない人から見たら「不潔である」という烙印を押されることになるので、早めに改善したいところです。

関連記事

ページ上部へ戻る