痩せやすく太りにくい体質になるには?

ダイエットに成功したものの、その後のリバウンドで元に戻ってしまったとか、以前よりも太ってしまったという話は決して珍しい話ではありません。

そんな人は何度もダイエットしてはリバウンドを繰り返し太りやすい体質となってしまいます。

ダイエットを行う人は痩せるという面ばかり気にしますが、実は太りにくい体質を手に入れるというのも重要なポイントとなってくるのです。

太りにくいからリバウンドせず、その後の生活も安心できるというわけなのです。

 

 

なんで太るのか?

これはダイエットに勤しむ人にとって大きな問題となってきますが、太るメカニズムはいたって簡単なものです。

カロリーの摂取が多いという一点だけです。

 

人は生命活動においてエネルギーを必要とします。

そこでそれを補うのが食事による栄養摂取ということになってくるのですが、1日に摂取したカロリー数が、1日に必要なエネルギー数よりも多くなった場合、使い切れなかったカロリーが体脂肪となって体に残ることとなります。

これが太るというメカニズムなのです。

 

 

ですからダイエットの基本としてよく耳にするのが、痩せたいのなら摂取カロリー数を消費エネルギー数よりも少なくするという説です。

そうすればそれ以上太ることもありませんし、足りないカロリーは体に蓄えられた体脂肪で補うことができるのでダイエット効果が発揮されるというわけです。

これが俗に言われるダイエットの基本です。

 

 

しかし、このダイエットの基本ばかりに縛られるとダイエットは成功しないことが多いのも実情なのです。

なぜならばカロリー摂取に重点を置いたダイエットは太りやすい体質を作り上げ、太る可能性を高くしてしまうというデメリットが発生してしまうからです。

ですからダイエットを行う際には、まずは痩せやすく太りにくい体質への改善が一番重要なポイントとなってきます。

この体質さえ手に入れば、効率的なダイエットが行えるだけではなく、ダイエット後に多くの人が悩まされることとなるリバウンドを防ぐこともできるのです。

 

 

痩せやすく、太りにくい体質とは?

「痩せの大食い」という言葉は昔から使われているものですが、ダイエットを目指す人にとって、これほど羨ましい体質はありませんよね。

実はこういった人に共通して言えることが褐色脂肪細胞が多いということです。

 

脂肪には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類があるのですが、やせ型の人は過食脂肪細胞、肥満型の人は白色脂肪細胞が多いという特徴があります。

 

褐色脂肪細胞は体温を一定に保つために自らを熱放出するという性質があります。

 

ですから脂肪として蓄えられても、常に体温調整のために熱エネルギーとして利用されているので体に蓄積されることはなく、太ることはありません。

 

 

それでは痩せやすく太りにくい体質を手に入れるには褐色脂肪細胞を増やせばいいのか?ということになりますが、それが簡単にはいかないのが実情です。

 

一般的に私たちが脂肪と呼んでいるのが白色脂肪細胞ですが、この量は遺伝によるところがある上、生まれてからの乳幼児期や思春期にカロリーを摂取しすぎることでその後の量が決まってしまいます。

 

そしてその量は一度決まってしまえば、変化することはないので白色脂肪細胞の量が褐色脂肪細胞の量を上回っている状況を改善してやることはできないのです。

 

それでは痩せやすく太りにくい体質なんて手に入らないじゃないか!ということになってくるのですが、そこは心配に及びません。

 

筋肉量を増やすことで十分対応することができるのです。

 

 

私たち人間は生命維持のために、体の各器官が絶え間なく作業を継続しています。

 

その際にはもちろんエネルギーが必要となって消費されることとなるわけですが、これを一般的に基礎代謝と呼びます。

 

ですからこの基礎代謝が高ければ、痩せやすく太りにくい体質であると言えるのです。

 

 

そこで注目すべきなのは、基礎代謝は1日に私たち人間が消費するカロリー数の60~70パーセントにも上り、基礎代謝のうち40パーセントが筋肉によるものであるという点です。

 

そして、そのエネルギー源が脂肪であることを考えれば、筋肉がどれほど効率的なダイエット効果を生むかは簡単に想像がつくかと思います。

 

ダイエット方法に食事制限を選ぶ人は多いのですが、食事制限だけでのダイエットは成功しにくいというだけでなく、さまざまなデメリットも存在します。

 

そこでまずは食事制限を行うとともに、筋肉量を増やすことによって基礎代謝をアップして痩せやすく太りにくい体質改善を行う必要があるのです。

 

 

また筋肉量アップの運動にも工夫を加えることで褐色脂肪細胞を活発化することが可能です。

 

褐色脂肪細胞は低温時に活発化するので、水中での運動を行えば筋肉量アップとともに脂肪燃焼効果は更にアップします。

 

ダイエットを始めるならば色々と方法はありますから、まずは短期間での体重減を目指すのではなく、痩せやすく太りにくい体質を手に入れることから初めてみるのが得策というわけですね。

関連記事

ページ上部へ戻る