意外と多い、男性のクリニックやサロンでの脱毛の方法

クリニックやサロンで脱毛を受ける際、使用する器具の種類が1種類しかないと思っていませんか?

一言に「脱毛」といっても、その方法は意外と種類豊富なのです。

種類が豊富ということは利用者が選ぶことが出来るということですが、果たしてどのような種類が存在し、それぞれにどのようなメリットがあるのでしょうか。

ニードル式脱毛

ニードル方式は、文字通りニードル=針を使った脱毛法です。細い針を毛穴に差し込み、微弱な電流を流すことで熱を発生させ、毛乳頭にダメージを与えることで毛を生やせなくする方法です。

昔からある脱毛法、と言うよりも昔はこの方法しかなかったと言う方が正しいです。昔からの方法であるとは言え、今でもニードル方式の脱毛法を行っている脱毛サロンも存在します。

しかし、針を毛穴一つ一つに差し込んで処理する方法なので時間がかかり、それだけお金もかかります。

また、強い痛みを伴うことが多く、施術の時間が長いことも合わせて現在では多くのエステサロンが他の脱毛法に移行しています。筆者も一度だけ体験したことがあるのですが、思った以上に痛かったです。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、フラッシュ=光を使った脱毛法です。専用の機器から光を照射し、熱によって毛乳頭にダメージを与えます。

熱によって毛乳頭にダメージを与えること自体はニードル式と同じなのですが、個人差はあれどもこちらは痛みをほとんど感じません。

また、ニードル方式と違って毛穴一つ一つに施術を行うようなことがなく、短時間で施術が完了します。メリットが多く、医療機関でなくとも施術することができるという点で優れており、多くの脱毛サロンで利用されている方法です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、簡単に言えばフラッシュ脱毛のパワーアップ版と言ったところです。

フラッシュ脱毛よりも照射する光が強く、それだけ毛乳頭へ与えるダメージも多いです。つまり、それだけ脱毛の効果が強いというメリットがあります。

フラッシュ脱毛よりも脱毛の効果を実感するのが早く、短い回数で施術が完了します。レーザー脱毛は医療器具であり、医療機関でしか使用することができません。

そのため、脱毛サロンではフラッシュ脱毛は利用できてもレーザー脱毛は利用できません。美容クリニックで利用することができます。

ただし、医療器具であっても医療行為には該当せず、保険が適用されないのでフラッシュ脱毛よりも料金が高くなります。また、光が強い分、痛みも強くなります。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、部位によっては光を照射できず脱毛ができないのですが、その部分をカバーするためにニードル方式が利用されることもあります。

ワックス式脱毛

厳密には脱毛ではなく、「除毛」と呼ぶべきかもしれない方法です。

これは専用のワックスを塗り、それを一気に皮膚から剥がすことでムダ毛を抜き取る方法です。ワックスを塗り、剥がすことさえできれば部位を問わず、一気にムダ毛を処理する方法です。

自分で処理する方法としても知名度のある方法で、回数を重ねることで毛根が弱まり、次第に毛が細くなって目立たなくなります。

塗ってから剥がすだけなので誰にでもできそうな方法ですが、間違ったやり方をしてしまうと肌へのダメージが重なり、肌トラブルの原因となる可能性があります。初心者は専門の脱毛サロンで施術を受けることをお勧めします。

どれが優れているのか?

基本的には「フラッシュ脱毛」か「レーザー脱毛」から選ぶことになると思います。

そのため、フラッシュ脱毛なら脱毛サロンへ、レーザー脱毛なら美容クリニックへ通うことになります。

効果も値段も高いのがレーザー脱毛であり、フラッシュ脱毛はその逆です。短期間で脱毛の効果を時間したいのであればレーザーが適していますし、手軽に脱毛を受けたいのであればフラッシュが適しています。

もちろん、近くにどちらかしかない場合で地理的条件を優先するのであれば選択肢はなくなりますが、主要な駅の周辺にはクリニックもサロンもある場合が多いです。

通いやすさが変わらないのであれば、脱毛に対してどのような願望があるかで決めるのが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る