知ってましたか?鼻毛を抜くことの恐ろしさ

ムダ毛処理に興味のない男性でも、さすがに鼻毛はきちんとしている人が多いです。

鼻毛の処理で最も手軽なのは「抜く」こと、毛抜きがあれば楽ですが、指でも抜けないことはありませんから手軽ですね。

しかし、鼻毛を抜くことは意外にもトラブルの原因となりかねないのです。軽い気持ちで鼻毛を抜いていたら、思わぬしっぺ返しが来るかもしれませんよ?

鼻の中の状態

鼻は空気を取り込むだけでなく、空気と一緒に様々な微細な異物を取り込んでしまいます。

分かりやすく言えば「細菌」の類です。

それ以外にもホコリなどのゴミも容赦なく空気と一緒に入り込もうとします。侵入される危険性が高い以上、そこには何かしらの防備が必要になります。

そのための「鼻毛」なのです。

鼻毛は、鼻から空気と一緒に侵入しようとする細菌やホコリを絡めとり、体内への侵入を阻止する役割があるのです。

体内には侵入しないとしても、鼻毛に絡め取られた細菌は鼻毛に付着しているということになります。

しかも鼻の内部は粘膜であり、湿度が高いです。細菌にとっては理想的な環境であり、容赦なく繁殖していきます。

鼻の中に「綺麗」というイメージを持つ人は少ないでしょうが、私たちの予想以上に汚れていることも確かなのです。

鼻毛がなくなると?

では、そんな防衛機能を持った鼻毛がなくなった場合はどうなるか。空気と一緒に大量の細菌が体内に侵入することになります。

肺にまで細菌が到達して、そこで繁殖などされた暁には、「肺炎」を患うことになるでしょう。

もちろん、狭い鼻の穴の中から全ての鼻毛を抜くことは困難ですから、数本の鼻毛を抜いたところですぐさま肺炎を患うなんてことにはならないでしょう。

しかし、「鼻毛を抜く」という行為自体が、トラブルの原因となることも十分にあり得るのです。

鼻毛を抜くと起こるトラブル

鼻毛に関わらず、体毛は毛穴の中の「毛乳頭」から作られており、毛乳頭は毛細血管から栄養を補給し、それをもとに体毛を形成していきます。

体毛は毛周期によって最終的には自然に抜け落ちるのですが、このサイクルに反して無理やり毛を抜くことは毛穴や毛乳頭、毛細血管を傷つけることになるのです。

すべての体毛いおいてこれらを原因とした肌トラブルが起こるのですが、鼻毛の場合は特に問題なのが「毛嚢炎」です。これは、傷ついた毛乳頭に細菌が侵入して炎症を起こす病気なのですが、毛乳頭が傷ついてもたちまち毛嚢炎になることはありません。あくまでも原因は細菌なのですから。

しかし、こと「鼻の穴」に関しては前述のとおり、細菌が繁殖しやすい環境にあり、他の部位以上に細菌に侵されやすい場所なのです。

毛嚢炎の症状としては炎症と化膿であり、軽度であれば痛みも無く自然に回復するのですが、これが重度になると軽く触れただけでも痛みを伴うようになり、よほどひどい場合には切開が必要になることもあります。

まさか鼻毛を抜いただけで切開が必要になるなんて、どれだけの人がイメージできるでしょうか。

鼻毛の処理方法

鼻毛も体毛である以上、いつかは自然に抜け落ちますが、それでは鼻から鼻毛が飛び出しているのをいつまでも放っておかなければならないことになります。

抜くのも放っておくのも駄目ならば、切ってしまえば良いのです。鼻毛を切る方法としては、鼻毛専用のはさみを使うか、鼻毛用の電動式カッターを使う方法があります。

筆者も鼻毛用のはさみを愛用していますが、先端が丸くて鼻の中を傷つけずに済むのです。

友人は電動式のカッターの愛用者が多いのですが、電池切れで鼻毛を切れずに刃が止まり、鼻毛を噛まれてひどい目にあったという話もあります。笑いながら聞いていたものです。

注意しておきたいのは切りすぎないことです。

飛び出しているみっともない鼻毛が処理できれば十分なのですから、わざわざ防衛機能を低下させるまで鼻毛を切り刻む必要はありません。

不安なら、職場や外出先に持っていき、トイレなどの鏡がある場所で処理すればよいのです。トラブルのことを思えば、鼻毛を抜くのは最終手段であると考えましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る