飲酒が足枷に!?お酒が筋肉に与える影響

いつまでも若々しくありたい為に、筋トレを欠かさない人もいることでしょう。

そんな人の中には

「筋トレしてもなかなか効果が出ない」

「それどころか、筋力が衰えてさえいるような」

と感じている人もいるのではないでしょうか。

それを年齢のせいだと思っているかもしれませんが、ひょっとしてお酒を飲みすぎていませんか?

男性ホルモンの低下

男性ホルモンである「テストステロン」は、筋肉の成長を促す働きがあります。

テストステロンの分泌量は女性よりも男性の方が圧倒的に多いわけですから、男性の方が筋肉がつきやすい訳ですね。

男性ホルモンがしっかりと分泌されていることで、筋トレによる筋肉の成長もしっかりと行われるという訳ですが、アルコールにはテストステロンの分泌を抑える働きがあるのです。

飲酒によってテストステロンの分泌量が減り、筋肉の成長が阻害されてしまうのです。

テストステロンにはそれ以外にも数多くの働きがあり、飲酒によってそれらも阻害されてしまうのです。

筆者は偏見かもしれませんが飲酒にはどこか「男らしい」というイメージを持っていますが、まさか男性ホルモンを減少させてしまう、男らしいとは真逆の事態になるとは思いませんでした。

筋肉を分解する

アルコールそのものには筋肉を分解する働きはないのですが、アルコールを摂取することによって体内では「コルチゾール」という物質が分泌されます。

このコルチゾールが筋肉を分解する働きを持っているのです。コルチゾールはストレスが溜まることでも分泌されやすくなります。

なので、日頃からストレスを溜めるような生活をしていて、その発散のために飲酒をするとコルチゾールは極端に増えやすくなります。そんな状況では筋トレをしたところで仮に筋肉が増えても増えた分だけ筋肉が分解されたら筋力アップどころか筋力が低下する可能性だって十分に考えられます。

内蔵の負担が増加する

アルコールの摂取は内蔵に多大な負担をかけることになります。

内蔵に負担がかかっても筋肉には関係しないのでは、と思うかもしれませんが、筋力が上がるメカニズムに大きな関わりがあるのです。

なぜ筋トレによって筋力が上がるかといえば、筋肉に負荷をかけてダメージを与え、再生する際に筋トレ前よりも強くなることで筋力が増加するのです。

筋肉の再生にもエネルギーが必要になりますが、アルコールの摂取によって内蔵に負担がかかっていると、筋肉の再生に回せるエネルギーが不十分になってしまいます。

結果、筋肉の再生が損傷を上回ることができなくなり、筋力が低下する恐れもあるのです。

筋肉には直接関係ありませんが、飲酒によって十分な睡眠が阻害されることで体力が低下し、筋トレに必要なエネルギーが不十分になるという側面もあります。

お酒と上手に付き合う

飲酒による筋力低下の原因は、筋肉を育てるテストステロンの減少、筋肉の分解を行うコルチゾールの増加、内臓への負担による筋肉の再生に回せるエネルギーの不足という3つの点によるものです。

しかしながら、お酒を少し飲むだけで筋肉がなくなっていくということはありませんし、適度な飲酒は健康に良いことが医学的に証明されています。

問題なのは過度な飲酒なので、お酒を飲みすぎなければ良いのです。

毎日飲むのではなく、特に筋トレをした後に筋肉が再生している最中はエネルギーを必要とするので、その間はお酒を控えるようにする等、お酒と上手に付き合うことが重要なのです。

休肝日を設けることで肝臓への負担も少なくなり、健康的な飲酒を続けることができます。

また、アルコールの吸収を穏やかにする「タンパク質」や、アルコールを分解する際に必要な「ビタミン」や「ミネラル」が豊富な食べ物を食べることで、アルコールによる影響を最小限に抑えることができます。

筋力を向上させるためにお酒を断て、とまでは言いませんが、過度な飲酒は筋肉外にも体中にダメージを与えることになります。体にダメージを与えないようなお酒の飲み方が重要なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る