これで臭いを抑えよう!自分でできるわきが対策5選

わきが臭は人に不快感を与える悪臭として認識されています。

職場など、不特定多数の人と同じ場所で長時間過ごさなければならないことも考えると、その対策は必要不可欠であると言えます。

手術という選択肢もありますが、病院に行く暇がない、病院には頼りたくないという人は、自分で対策をする必要があります。

そこで今回は、自宅や職場で気軽にできるわきが対策について5つ紹介していきます。

わき毛を剃る

わきがの原因は、わきに多く点在する汗腺の一つ「アポクリン腺」から分泌される汗を、皮膚の常在菌が分解することで臭いが発生します。

そして、わき毛が生えていると汗を溜めてしまい、湿気がこもることで常在菌が繁殖しやすくなり、わきがを悪化させてしまう原因となります。

男性にとっては抵抗があるかもしれませんが、わき毛を処理するだけでわきが対策となるのであれば容易いことでしょう。

なお、わき毛を抜くと皮膚トラブルの原因となってしまうので、できればカミソリで剃るようにしましょう。筆者も体毛をピンセットで抜いていた頃、肌トラブルに発展した経験があり、対処に右往左往していた時期があります。

わきの汗をこまめに拭き取る

先程も述べたとおり、わきのアポクリン腺から分泌される汗が分解されることでわきが臭の原因物質が作られます。

こまめにわきの汗を拭き取ることで原因となる汗を取り除くことが出来るだけでなく、わきを清潔に保つことで常在菌の繁殖を抑えることにもつながります。

ちなみに、わきがの原因であるアポクリン腺から分泌される汗は体温調節とは関係がないので、暑くて流れる汗はわきがには直接関係はしません。

しかし、汗を流すことで皮膚の表面の湿度が上昇し、常在菌の繁殖を促してわきがを悪化させることにはつながります。

服の通気性を確保する

雑菌は湿度が高いと繁殖しやすくなります。そして、ふくを着ることでわきの通気性はほとんど失われてしまい、常在菌にとって繁殖しやすい環境になります。

そこで、通気性の良い服を着ることで出来るだけわきの湿度を下げて、常在菌の繁殖を防ぎましょう。

小さい服だと肌と密着して熱がこもりやすく、湿度が上がって常在菌の天国となりますから、ワンサイズ上のふくを着ることが有効です。

デオドラント剤を用意する

臭い対策といえば誰もが思い浮かべるのが「デオドラント剤」ですね

。しかし、これには一つ注意が必要です。

デオドラント剤の中には消臭効果の強いものと香りを上塗りする性質の強いものがあります。後者はどちらかといえば「香水」に近い性質がありますが、その場合にはわきがの臭いとデオドラント剤の臭いが混ざって悪臭がさらにキツくなる可能性が高いです。

この性質は男性の悩みの一つである「加齢臭」にも言えることで、職場で自分に向けられる目線が厳しくなることは間違いないでしょう。

可能な限り消臭効果の強い、ワキガ対策に有効なデオドラント剤を用いましょう。なお、確実に効果を発揮させるため、スプレータイプよりもクリームタイプをお勧めします。

ミョウバン水を作る

男性にとって「ミョウバン」はあまり馴染みがないように思うかもしれませんが、ミョウバンには優れた消臭・殺菌・制汗作用があり、わきが対策にはもってこいです。

「わきに直接塗布する」という人もいるようですが、できれば「ミョウバン水」を作ることをお勧めします。

作り方も簡単で、水道水500mlに大さじ1~2杯程度のミョウバンを混ぜるだけ、それを冷暗所で数日放置して透明になれば原液の完成です。

これを10倍~30倍程度に薄めてスプレーボトルに入れておけばそのままスプレーして使うことができます。なお、ミョウバンを入れすぎると今度はミョウバンの臭いが気になる可能性があるので入れ過ぎには注意してください。

ミョウバンは容易に購入することができ、掃除や洗濯にも活躍するので、一人暮らしの男性には何かと便利なのではないかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る