その体臭、ひょっとしたら病気かも?体臭でわかる病気について

一般的に体臭は「不潔の象徴」として扱われてきました。

確かに何日も風呂に入っていなければ体臭がしても仕方ありませんが、世の中には毎日きちんと入浴していても体臭が発生する人がいるのです。

そして、そんな人は何かしらの病気を患っているかもしれません。体臭が教えてくれる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

甘酸っぱい臭い=糖尿病

体臭が「甘酸っぱい」人は、、「糖尿病」を患っている可能性があります。

糖尿病は簡単に言えば糖分を分解してエネルギーにすることができず、血糖値が上昇する病気です。この「糖分を分解できない」ということが体臭の原因となるのです。

厳密に言えば、糖分を分解できないことで、エネルギーを別のところから調達しようとするのですが、その調達先は体に貯めてあった「脂肪」なのです。

そのため、糖尿病が進行すると痩せることがあるのは、体を動かすために脂肪を分解してエネルギーに変えているからなのです。

そして、脂肪を分解する過程において「ケトン体」という物質ができるのですが、これが血液中に溶けることで体臭の原因となるのです。

腐乱臭=胃腸の病気

体臭が「卵が腐ったような臭い」の人は、胃や腸に異常があることが疑われます。

これは胃腸が何かしらの病気を患うことで消化不良が起き、消化しきれなかった食べ物が腸で発酵することで発生したガスが腸壁から血液に乗り、体臭として現れるのです。

考えられる病気としては主に「胃炎」や「十二指腸潰瘍」などが挙げられます。

腐った肉・血の臭い=口内・呼吸器の病気

この場合は体臭というより、厳密には口臭にあたります。肉が腐ったような臭い、もしくは血のような臭いがする場合は、口の中か肺などの呼吸器、呼吸の通り道に何かしらの異常が起こっている可能性があります。

異常というより、主に「炎症」を起こしてることが考えられます。炎症している部分の皮膚がただれ、化膿して細菌が繁殖することで臭いの原因となります。

軽いものだと口内炎がそうですが、歯槽膿漏や蓄膿症、気管支炎や肺炎などの重い病気である可能性もあります。

カビの臭い=肝臓の病気

少し分かりにくいかもしれませんが、「カビの臭い」、「卵とニンニクの腐った臭い」、「ネズミ臭」がする場合には、肝臓の機能が低下していることが考えられます。

肝機能が低下することで臭いの元となる物質を分解しきれずに血液に乗って全身を駆け巡り、体臭となって現れます。

最初はネズミ臭がして、口の中が苦くなる傾向にありますが、これが重度になるとカビの臭いがするようになる傾向にあります。

アンモニア臭=腎臓の病気

体臭がアンモニア臭だと、腎機能が低下していることが疑われます。

腎機能の低下に伴い尿を作り出す機能が低下すると、尿とともに排出するはずだった老廃物や毒素が体内に蓄積され、血液中に溶け出してしまいます。

これが汗に混じって排出されてしまい、アンモニア臭、要はおしっこのような臭いがするのです。

脂臭い=脂漏性皮膚炎

頭が脂のような臭いがするときには、脂漏性皮膚炎を患っている可能性が高いです。

脂漏性皮膚炎の主な原因は、頭皮でカビの一種である「マラセチア」が繁殖していることです。

頭皮に分泌されている皮脂を好み、その代謝物によって炎症を起こします。脂漏性皮膚炎は薄毛の原因にもなるため、放置すると炎症とともに薄毛が進行する可能性が高いです。

異常な体臭は病気のサイン

妙な臭いの体臭がする場合は、何かしらの病気を患っているサインであると言えます。

病気が原因で臓器の機能が低下し、何かしらの物質が蓄積されてそれが血液に乗って体中を駆け巡り、体臭の原因となるパターンが多いです。

体内で作り出される物質が原因であるとは言え、健康な状態であれば蓄積しない物質ばかりですから、それが体臭に影響を及ぼすということは、関係する臓器が機能低下を起こしているということになります。

長期間、体臭が改善されない場合には速やかに病院へ行くことをお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る