わきがは治療すべきか否かについての考察

皆さんは、ご自身がわきがを患っていたり、周囲にわきがを患っている人がいたりしませんでしょうか?

一度嗅いでみるとわかるのですが、本人には自覚がなくても周囲には強烈な悪臭を放っていることが多いのです。

厳密には病気ではなく体質であるわきがも、ひどい場合には手術を検討することも多いです。果たして、手術は必要なものか否か、考察してみたいと思います。

「手術せずに自分で対策」が果たしてどこまで有効か

わきがの対策は、現在では数多く登場し、ネットでも紹介されて普及しています。

制汗剤やデオドラント剤、ミョウバンを使った体臭対策もあり、手頃な値段でできる対策も数多くあります。難しいものではなく、自分にあったものを選べるという利便性もあり、取り掛かりやすさで言えば断然優位性を持ちます。

それらの方法に関しては科学的な根拠に基づいているものであり、確かな効果を期待することができます。

しかし、持続性がないということと場所や場面を選ぶという点が欠点となります。まず持続性に関しては、デオドラント剤やミョウバンの効果が切れれば再びわきが臭に悩まされることになります。

個人レベルで出来る対策はわきがを治療できるものではない、つまりは根本的な解決策ではなく、あくまでもわきが臭を抑えるという立ち位置に過ぎません。

想像してみてください、大事な会議に参加している、しかも社長などのお偉いさんが多数参加しているような会議で突然「なんだか、嫌な臭いがするね」なんて言われた日には、私だと立ち直れませんね。

効果時間に関しては経験則からある程度は導き出せるでしょうが、常に決まった時間だけ匂いを抑えられるという保証はありません。

ここ一番で効果が切れてしまうと、せっかくの対策も大して意味を持たないかもしれません。

手術しても確実に治せるわけではない

それに対して手術は、わきがの原因である「アポクリン腺」を除去するので、根本的な解決策となります。

手術の方法もいくつかあり、利用者のニーズに合わせた手術を受けられるのも特徴です。

治療費に関しても、基本的にはわきが治療は保険が適用されるようなので、比較的安価で手術を受けることができます。

しかし注意しておきたいのが、わきが治療の手術を受けたからといって、100%わきがを治療できるとは限らないということです。

順を追って説明していくと、わきが治療においては何らかの方法でわきの皮下組織に存在するアポクリン腺を取り除くことで、わきが臭の原因物質であるアポクリン腺から分泌される汗を無くすというスタンスです。

アポクリン腺は完全に取り除いてしまえば再生はしませんが、わずかでも残っている場合にはそこから再生して、時間が経ってからわきがを再発してしまう可能性があります。

つまりはアポクリン腺を確実に取り除くことができないとわきがを再発するリスクがあるということになりますが、これには「手術の方法」と「担当医師の腕」にかかっています。

直視下においてアポクリン腺を取り除く「剪除法」は、わきがの再発がほとんどないと言われていますが、経験の少ない医師の場合だとアポクリン腺を取り除ききれない可能性もあります。

あくまでも方法として、きちんと経験を積んだ医師であれば完全に取り除くことができるという意味であり、決して剪除法だからといって油断することはできないのです。

どちらが優れているか

根本的な解決法としては、信用できる医者による剪除法手術がお勧めの方法です。

しかしながら、果たして自分がわきがであるのかという問題があるのです。わきが臭は誰でも発しているというわけではないですが、基本的にはアポクリン腺は誰にでもあるものであり、それが生まれつき多かったり、思春期において大きく成長した場合にわきが臭を発するようになります。

しかし、理論上は誰にでもわきが臭は発生しうる為、自分の腋臭が治療の必要があるほどキツイものかどうかを把握しなければなりません。

自分の臭いは自分では自覚できないものなので、家族や気のしれた友人に確かめてもらうか、クリニックでのカウンセリングを受けてから手術を受けるかどうかを決めると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る