究極のわきが対策!わきがの手術の種類やメリットについて

わきが対策として様々なことを行っている人が多いでしょうが、よほど酷いのであれば「手術」に踏み切ってみるのもアリなのではないでしょうか?

臭いの発生を防いだり発生した匂いを抑えるよりも、根本的な解決策として有効な選択肢です。

そして、「わきがの手術」と言っても実はいくつか種類があるのです。そこでわきがの手術にはどんなものがあって、どんなメリットがあるのかについて解説していきたいと思います。

剪除法

剪除法(せんじょほう)は、わきがの手術として今現在最も多く利用されている方法です。

わきの下を数センチ切開し、そこから皮膚を裏返して点在しているアポクリン腺(わきがの原因となる汗を分泌する、汗腺の一種)を取り除く手術法です。

メリットとしては医師が直視で確認しながら取り除くため、手術でのわきがの解消の確率が最も高いと言えます。デメリットとしては手術跡が残りやすいということと、わき毛が減る傾向にあるということです。

筆者の見解としては、見た目を気にする女性にとっては大きなデメリットになりやすいですが、男性の場合はそこまで大きなデメリットにはならないのではないかと思います。

吸引法(皮下組織吸引法・超音波吸引法)

吸引と聞くと、「脂肪吸引」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

わきが治療においても同様で、わきの下に1センチほどの穴を開けて、そこから医療用の細い管を通してアポクリン腺や皮脂腺を吸引する手術法です。

メリットとしては剪除法に比べて切開の傷が小さく、跡が残りにくいです。また、剪除法に比べて広い範囲を一気に治療することができるのも特徴です。

デメリットとしては剪除法に対してこちらは「非直視下手術」であるため、実際にアポクリン腺がきちんと吸引できているかは確認できないまま手術を終えてしまいます。

そのため、わきに残ったアポクリン腺が再生することでわきがが再発しやすいという特徴があります。剪除法の場合にも医師の経験が浅く、アポクリン腺の取り除きが不十分である場合には再発の可能性はゼロではありません。

しかしながら、一般的には直視下手術である剪除法の方が再発のリスクが少ないと言えます。

吸引法には管でアポクリン腺を掻き出さない「超音波吸引法」があり、こちらの方が「皮下組織吸引法」に比べて効果が高いですが、それでも剪除法ほどの効果の高さは期待できないという点と、火傷や皮膚の壊死といったトラブルが発生する可能性があります。

皮下組織削除法

この手術法では専用の器具を用います。

筆者が知る限り、文房具のハサミに近い形状をしていますが、片方の刃はカミソリのような形状をしていて、もう片方の刃はローラーになっています。

わきの下に1センチほどの穴を開け、そこからカミソリ状の方を入れます。もう一方のローラー部分で皮膚を押し、挟み込むようにして皮下組織を削ってアポクリン腺を取り除く手術です。

メリットとしては手術の際に開ける穴が小さいことと、その割には手術の効果が高いということです。

デメリットとしては手術後に1週間ほどはわきを固定しておかなければならないことです。

また、医師の技術が重要になる手術であり、場合によっては手術中に最初に開けた穴以外に皮膚に穴があいてしまう可能性もあります。

手術における注意点

一つ理解しておきたいのは、手術をしたからといって100%わきがを治療できるとは限りません。

先程も述べたようにアポクリン腺が残っている場合には再生して、1年ほどでわきがが再発してしまう可能性があります。

これに関しては医師の腕次第ということになるのが現状で、経験の少ない医師では効果の高い剪除法や皮下組織削除法を用いてもアポクリン腺を完全には取り除けず、再生してわきがが再発する可能性があります。

わきがの治療に際しては、ネットの口コミなどを利用してわきが治療の経験豊富な医師を探すことをお勧めします。

なお、高校生から大学生にかけてわきがを治療すると再発のリスクが高いです。

理由としてはアポクリン腺は思春期を迎えると大きくなるのですが、この成長は18歳前後まで続くのでそれまでに手術をしても成長してすぐに再発する可能性が高くなります。

関連記事

ページ上部へ戻る