自毛植毛の2つの方法はどちらが優れているのか?

自分の髪の毛を薄毛が進行している箇所に移植する「自毛植毛」には、長い目で見ると数多くのメリットがある薄毛対策であると言えます。

現在、利用されている自毛植毛としては「FUT法」と「FUE法」の2種類があります。

薄毛に悩み、自毛植毛を考えている人はどちらの方法が優れているかを知りたいでしょうから、今回はこの2つの方法について考察していきたいと思います。

メスを使うか、使わないか

「FUT法」と「FUE法」の最大の違いは「メスを使うかどうか」という点です。

つまりはメスによって皮膚を切り、その後に縫合手術をするかどうかという違いがあるのです。メスを使う手術法はFUT法になります。

では、FUE法ではどのようにして髪の毛を移植するのかといえば、簡単に言えば「くり抜く」のです。

FUE法の場合は直径1mm程度の極細のパンチを使い、毛穴ごと髪の毛をくり抜いて移植を行います。

メスを入れられるのを極端に嫌がる人や縫合手術を嫌う人でもFUE法の場合はそれらを必要としないため、自毛植毛を受けられるという特徴があります。

傷跡の目立ち方

これらの手術の最大の特徴は、傷跡の残り方です。FUT法では移植した部分は縫合手術を必要とし、その手術跡がはっきりと残ってしまいます。

移植するのは後頭部ですから、頭頂部に近い部分の髪の毛が伸びれば隠れるレベルではあり、髪が伸びれば周囲から自毛植毛をしたということは気づかれません。

しかし、年齢とともに頭皮全体に薄毛が進行した場合、後頭部の傷跡を隠せるだけの髪が確保できず、傷跡がはっきりとわかってしまうレベルになります。

一方、FUE法の場合ももちろん手術である以上、行為ではありますが、1つの毛穴に対して直径1mm程度の傷が残る程度で、こちらの場合も髪が伸びれば目立ちません。

ただし、全体的に薄毛が進行したあとでも傷跡はほとんど目立たないというメリットがあります。

毛根へのダメージの違い

これまでFUE法の方が優れているような書き方をしてきましたが、ではFUE法はFUT法の上位互換として扱うことが出来るのかといえば、実は欠点があるのです。

FUE法の場合は前述のとおり、毛穴ごとくり抜くことになります。

一つ例え話をすると、地面に生えている植物を鉢植えに植え替える場合に、スコップだけを使って植え直すとしたら、絶対に根を傷つけずに植え替えることができるでしょうか。

場合によりけりですが、根を傷つけてしまう確率は決して少なくないでしょう。

それと同じように、FUE法の場合は毛穴をくり抜く際に重要な毛根部分を傷つけてしまい、移植用の株としての価値を喪失させてしまう危険性があるのです。

FUE法でくり抜いた髪の毛がどれだけ使い物になるかは、担当する医師の腕前しだいということになります。

無論、FUT法の場合でも毛根を傷つけてしまう可能性は皆無ではありませんが、一定の範囲をまるごとメスで切り取る手術であるため、毛根を傷つける危険性はFUE法に比べて少ないと言えます。

では、どちらが優れている?

まず結論として、FUT法もFUE法も一長一短であるということ踏まえ、筆者の主観で言えば「FUT法」を推奨します。

これは筆者が効果を重視する質であることと、筆者は別にメスを入れられることに抵抗がないことに由来します。

ではFUE法は絶対に推奨できないかといえば、その限りではありません。メスや縫合を嫌う人にはFUT法は抵抗があるでしょうし、医師によってはほとんど毛根を傷つけずにFUE法を完了させてしまうこともあります。

あくまでも「筆者が自毛植毛を利用するのならFUT法を選ぶ」というだけであって、絶対にFUT法の方が優れているとは言えません。

将来的には、この両者の良いとこ取りの移植法が登場する可能性だって十分考えられるはずですから、その時にはその手術法を推奨するかもしれません。

また、自毛植毛に関しては今回紹介している2つの方法以外にもいくつかの方法がありますから、人によってはそれらの方法が適切であることも考えられます。

しかし、効果重視の筆者は推奨するとすればFUT法かFUE法に絞るでしょうし、筆者が受けるとしたらFUT法を選びたいです。

関連記事

ページ上部へ戻る