他人事ではない!多くの男性が恐れる「AGA」について

「AGA」という言葉をネットや雑誌で目にしたことが一度はあるのではないでしょうか。

たった3文字のアルファベットが、世の中の成人男性の多くを恐怖に陥れることになるのです。

頭皮トラブルの中でも男性の多くが無視できない問題であるAGA、その仕組みについて解説していきます。

男性型脱毛症

一般的に「AGA」と呼ばれているこの脱毛症は、正式には「Androgenetic Alopecia」という名称で、「男性型脱毛症」という意味を持っています。

その名前のとおり男性が発症しやすい脱毛症であり、特徴としては頭頂部と前頭部が髪が抜けやすくなる症状です。

その反面、側頭部と後頭部はそこまで脱毛症の兆しが現れず、症状が進行すれば両者の脱毛の進行具合にはっきりとした差が表れることになります。

男性型脱毛症とは言えども実は女性にも発症する可能性のある脱毛症でもあるのです。

意外かもしれませんが、実際に筆者も知り合いの女性の中にAGAを患った経験のある人がいるのです(実際に薄毛に悩まされている時の写真も見ましたが、頭頂部と前頭部が明らかに薄くなっているのを見て取れました)。

AGAの原因は「男性ホルモン」

男性型脱毛症というだけあって、AGAの原因は「男性ホルモン」です。

しかし、厳密に言えば通常の男性ホルモンには薄毛を進行させる働きはありません(体毛を濃くする働きはありますが)。

ところが、男性ホルモンがある返信を遂げることで、急激に薄毛を進行させる悪魔のような存在になるのです。

少し詳しく解説すると、男性ホルモン「テストステロン」には、通常はAGAの原因となるような働きはありません。

ところが、2型5αリダクターゼという還元酵素の働きによってテストステロンは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という強力な男性ホルモンに変換させられてしまうと、これがAGAの原因となるような働きをしてしまうのです。

DHTはタンパク質の合成を阻害して髪の毛を作り出す毛母細胞の分裂を阻害して、太い健康的な髪の毛を作り出す邪魔をするのです。

更に、皮脂の分泌を促す働きがあり、これによって皮脂腺の皮脂分泌量を過剰にして皮脂を詰まらせ、炎症を起こす原因となるなど頭皮環境を悪化させる要因となります。

つまり、DHTは「髪が抜けやすい頭皮環境を作り出す」ことによってAGAを進行させてしまうのです。

なお、DHTは基本的に頭頂部と前頭部にしか効果を発揮しないため、側頭部や後頭部、全身の体毛に関しては薄くなるようなことはなく、AGA特有の薄毛の形を作り上げてしまうのです。

AGAを防ぐには?

AGAの原因がDHTであることは説明しましたが、DHTをなくす方法としては2種類が考えられます。

DHTはテストステロンが2型5αリダクターゼによって変換させられて作り出されるので。テストステロンか2型5αリダクターゼのどちらかをなくすことで生成を防げますが、テストステロンをなくすことは男性ホルモンを減らすことになり、ホルモンバランスが崩れてしまい、どのような不調を招くか分かりません。

アプローチするべきはもう一方の2型5αリダクターゼです。これをなくすことはできませんが、特定の成分によってその働きを阻害することができます。

その目的で作られたAGAの治療薬である「プロペシア」は、その主成分である「フィナステリド」が2型5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるのですが、数多くの副作用が確認されているため気軽に使えません。

同じように2型5αリダクターゼの働きを阻害しつつも、副作用のない成分が望ましいです。

その成分として挙げられるのが「オウゴンエキス」や「ヒオウギエキス」で、副作用のない天然成分でありながら2型5αリダクターゼの働きを阻害する高い効果が期待できるため、現在では多くの育毛剤に有効成分として配合されています。

AGAは放置すると薄毛がどんどん進行してしまうため、頭頂部や前頭部の薄毛を確認したら、これらの成分が配合されている育毛剤を使用することをお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る