頭皮トラブルを避けるため!3種類のシャンプーの選び方

皆さんは、入浴の際に用いる「シャンプー」をどのような基準で選んでいますか?

筆者は昔、100円ショップで購入した安物を好んで使っていました。

しかし、今思えばそれは頭皮にとって危険極まりない行為であり、人によって適切なシャンプーというものが存在するのです。

そこで今回は、世の中のシャンプーをその主成分によって3種類に大別し、それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

頭皮が強い人向けの「アルコール系シャンプー」

アルコール系シャンプーは、「ラウレス硫酸ナトリウム」等を主成分としたシャンプーです。

その最大の特徴はコストパフォーマンスの良い洗浄力の強さです。アルコール系シャンプーは安いコストで大量生産が可能なシャンプーで、その割に洗浄力が強いため現在では市販されているシャンプーの殆どはこのアルコール系シャンプーです。

基本的に安い値段で購入することができ、しっかりと頭皮や髪の汚れを落としたい人向けのシャンプーであると言えます。

デメリットはその洗浄力の強さです。食器用洗剤や衣類用洗剤と違い、シャンプーの洗浄力が強すぎるのは問題があるのです。

洗浄力が強いということは、頭皮や髪の汚れだけでなく、頭皮の皮脂も根こそぎ洗浄できるということです。「皮脂」と聞くとどこか汚れの原因のようなイメージがあるかもしれませんが、過剰でない限りは皮脂は頭皮を保護するために分泌されています。

ということは、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうということになり、頭皮には最低限の皮脂も残らないということになります。

そうなれば頭皮を保護するバリア機能は失われ、頭皮は乾燥して炎症を起こしやすくなり、頭皮環境を悪化させる原因となります。刺激が強いため、頭皮の強さに自信のある人向けのシャンプーであると言えます。頭皮トラブルを抱えておらず、シャンプーに特別なこだわりがなければアルコール系シャンプーで十分でしょう。

頭皮にトラブルを抱えた人向けの「アミノ酸系シャンプー」

アミノ酸というと食べ物の栄養を思い浮かべる人も多いのではないかと思いますが、ココイルグルタミン酸ナトリウム等を主成分とするシャンプーです。

その最大の特徴は頭皮や髪に刺激が少なく、洗浄力が控えめな点です。強すぎない洗浄力は頭皮の皮脂を全て洗い流すようなことはなく、頭皮や髪に優しいシャンプーであると言えます。

そのため、頭皮トラブルを抱えている人向けのシャンプーであると言えます。デメリットはその洗浄力です。

アルコール系シャンプーに比べると洗浄力が弱いため、皮脂が多い人や頭が汚れやすい仕事に就いている人にとっては洗浄力が不十分である可能性が高いです。

そうなると、頭皮の汚れを原因とした頭皮トラブルが発生し、薄毛の原因となる可能性もあります。また、アルコール系シャンプーに比べて高価な商品が多く、少し手が出しにくい部類だと言えます。

アミノ酸系シャンプーは、皮脂の摂り過ぎが原因である薄毛の対策として有効であり、シャンプーをしてもフケが発生し、痒みが治まらないという人向けのシャンプーであると言えます。

自然志向な人向けの「石鹸系シャンプー」

石鹸系シャンプーは、昔からあるような石鹸を使用したシャンプーで、脂肪酸ナトリウム等を主成分とします。

人工的な成分を使用していないため、自然志向な人にお勧めのシャンプーです。デメリットとしては、髪が傷みやすいという点が挙げられます。

筆者も経験がありますが、石鹸で髪を洗ったとき、やたらとゴワゴワした感覚に襲われた経験がありませんか?

石鹸は髪を傷めやすい傾向にあり、石鹸系シャンプーも髪を傷めやすいです。また、洗浄力はアルコール系よりも若干抑えられていますが、それでも皮脂を取りすぎる傾向にあります。

自然志向の人でも、髪が傷みやすかったり当否にトラブルを抱えている人にはお勧めできないシャンプーであると言えます。

アルコール系シャンプーを使用しても問題ない、自然志向の人向けのシャンプーであると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る