薄毛対策で「かつら」を利用するのはもはや時代遅れなのか?

現代においては、数多くの育毛剤、それも新成分が次々に登場することでより効果的になった育毛剤が数多く販売されています。

また、植毛の技術も進歩し、自毛植毛をすれば再び髪の毛が生えてくるようになります。

そうなると、いつ外れるか分からないかつらは、薄毛対策としては前時代的な印象を受ける人も少なくないでしょう。今回は、薄毛対策としてのかつらについて解説していきたいと思います。

即効性が高い

かつらの最大の魅力は、薄毛対策として最も即効性があるということです。仮に頭部が全て禿げてしまったとしても、かつらを着用するだけで速やかにフサフサの頭部がよみがえります。

育毛剤や自毛植毛の場合、健康的な髪の毛が生えそろうまでには1年ほどの時間を要することになり、速やかな薄毛対策とはなりません。

しかも成功率の高い自毛植毛に対して育毛剤の場合は商品によっては効果が現れないということも考えられ、決して安くないお金をドブに捨てるような行為となる可能性も十分に考えられます。

しかし、かつらの場合は着用するだけで薄毛を隠すことができますから、速やかな薄毛対策として有効であると言えます。

方法は様々だが外れにくい

かつらについて詳しくない人は、かつらをただ帽子にのように被っているだけと勘違いしている人も少なくありません。

私の友人にも何人かいたようです。

しかし、実際にかつらは装着するにあたって頭部に固定するための方法がいくつか選択できるのです。

装着する方法としては「両面テープ」「ピン留め」「接着剤」「編み込み」などの方法もあり、頭皮や自毛の状況によって最適な方法は分かれますが、どの方法もそう簡単には外れないような留め方であり、アニメや漫画のようにすぐにずれたり外れたりすることはありません。

オーダーメイドのかつらにはメリットが多い

かつらを購入する方法としては、筆者が最もお勧めする方法はやはり「オーダーメイド」だと言えます。

それは、オーダーメイドが最も「かつらに対する願望を叶えやすい」という特性を持っているからだと言えます。

まず、かつらは頭皮に装着することになりますが、頭皮の形は人それぞれに異なります。そうなると、形にこだわらずにかつらを装着しても装着した心地はあまりよくない上に、人から見てもどこか違和感を覚えることがあります。

オーダーメイドであれば個人の頭皮の形に合わせてかつらを作るので、被り心地も見た目の自然さも段違いです。

次に、かつらがいかに自然に見えるかです。先ほどの頭皮の形以上に、かつらは髪の毛の部分がいかに装着する人にとって自然な見た目であるかが重要になります。黒髪の人が金髪のかつらで薄毛は隠しませんよね。

色だけでなく、髪質や生え際の形状、髪の流れ方など、様々なステータスが存在します。オーダーメイドであれば装着する人の自毛の状態を鑑みて、その人にとって最も自然な状態のかつらを作ることができます。

かつらを作る人は、薄毛であることを隠したいだけでなく、薄毛を隠しているかつらを装着していることも隠しておきたいはずですから、そのためにはいかに「自然」であるかが重要なのです。

将来性は無いが

かつらを装着する人の最大のデメリットは、何と言ってもその髪が「作り物」であることです。

育毛剤や自毛植毛の場合は新たに髪を生やすことを目的としているため、効果が現れて状況が落ち着けば、再び健康的な自分の髪の毛を楽しむことができます。

かつらは所詮作り物で、その下には未来のない寂しい頭皮が隠されているだけです。

しかし、薄毛治療が成功するまでのその場しのぎとしての働きであれば、即効性の高いかつらは効果的であると言えますし、育毛剤や自毛植毛などの薄毛治療が効果が全くない人にとっては、もはや薄毛対策として残されているのはかつらだけであると言えます。

かつらは決して前時代的ではなく、薄毛治療の進歩した現代においても薄毛対策として極めて重要な役割を担っていると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る