夏場は特に注意したい!汗疹(あせも)の発症原因や種類・対策

筆者も汗をかきやすい体質のせいか、子供の頃は夏になるとよく「あせも」を発症していました。

母に薬を塗ってもらっていたのをよく覚えています。一般的に子供に発症しやすい症状ではありますが、大人であってもあせもは発症する可能性があります。

大きな症状ではないとは言えできれば発症を避けたいあせもについて解説していきます。

あせもの原因は

漢字で書くと「汗疹」となる「あせも」ですが、名前のとおり「汗をかく」ことが深く関わってきます。

私たちは体温調節のために、気化熱を利用して体温を下げるために「汗」をかきます。この汗は空気中の水分を集めているわけではなく、私たちの体の中から分泌しています。

ということは、それには「通り道」と「出口」があるわけですが、汗を大量にかくことでこれらがふさがってしまうことがあります。

にも関わらず、私たちの体は体温を下げるために汗をどんどん分泌させていきますから、閉塞してしまった汗の通り道は徐々にパンクしてしまい、表皮に出てくるはずだった汗は「汗管」から漏れ出します。

漏れ出した先は皮膚の内側であり、そこで炎症を起こすことがあせもの原因となります。

あせもを発症しやすい条件

まず、一般的にあせもは子供が発症しやすいと言えます。

これは、表面積の小さい子供でありながら汗腺の数は大人と一緒、つまり大人より子供の方が汗腺が同じ箇所に集約していることになります。

そのため、同じ気温の下、汗をかきやすい状況においても大人よりも子供の方があせもを発症しやすいのです。

また、私たち大人は汗をかいて不快感を感じればシャワーを浴びるなりの対策を自分で行えますが、子供の場合はそこまで自立的にシャワーを浴びたりしません。

これも子供の方があせもを発症しやすい理由のひとつであると言えます。大人にも共通する、あせもを発症しやすい条件としては汗が乾かないことにあります。

体の部位で言えば頭や首、足の付け根や膝の裏側などが挙げられます。特に下半身は衣服によって蒸れやすく、特にズボンは通気性が良いとは言えないためあせもができやすいと言えます。

ズボン以外にもベルトや帽子などの衣服の類、それ以外にも絆創膏や湿布、包帯やギプスなどで肌と密着させていると汗が詰まりやすく、あせもを発症しやすくなります。

あせもの種類

あせもには様々な症状の現れ方があります。最も多いのは「紅色汗疹」で、赤い丘疹が密集して現れ、その名前の通りに赤くなるタイプのあせもです。

その特性上、「湿疹」を併発しやすく、その場合にはかゆみを伴ったり汗をかくことでチクッとした痛みを感じることもあります。それとは異なり、白くなるあせもがあります。

これを「水晶様汗疹」と言って、日焼けあとや発熱後に透明の小水疱が密集して出現します。紅色汗疹に比べると症状は軽く、小水疱は自然に破れて薄皮が剥げて数日以内に完治します。

症状がほとんどないため発症しても気がつかないことも多いですが、油断していると再発の恐れもあります。

日本ではあまり見られる症状ではありませんが、汗管からの汗の漏れが皮膚の深いところで起こる「深在性汗疹」というものもあり、これは基本的に亜熱帯地方で見られる症状です。

あせもの対策は?

あせもは汗が詰まることが原因であるため、原因となる汗をかかないことが重要です。

とは言え、気温の高い夏場であれば汗を抑えることには限度があるので、通気性の良い服を着ることで発汗を抑えつつ、かいた汗を少しでも早く乾かすことが重要です。

近年、クールビズの推進によって室内の空調の温度が高められているため、室内でも汗をかくことが増えてきています。

空調に頼らない制汗対策を行うことが重要になります。夏場以外でも、仕事の関係で気温の高い場所で作業する人は特に注意が必要であると言えます。

仕事に関連して言うと、制服や作業着など仕事上どうしても着ておかなければならない服装が決められている

関連記事

ページ上部へ戻る