太りやすい遺伝子って本当にあるの?

「太りやすいのは遺伝だ」こう口にする人は少なくないと思いますが、これって実は本当の話なのです。

一般的に肥満となる原因には偏った食生活や運動不足が挙げられていますが、これはあくまでも肥満となる要因であって、その原因は太るとプログラムされた遺伝子にあったというわけです。

 

 

「私は水を飲んでも太る体質なの」これは太った人がよく口にする言葉ですが、カロリーのない水を飲んで太るなんてことは実際あるわけありませんし、太った人の言い訳だと一笑されるのが落ちでしょう。

しかし、「太るのは遺伝だから仕方がない」という同じような言葉に関しては、言い訳だと一笑するわけにはいかないのです。

 

実は人には40とも60とも言われる肥満遺伝子が存在しています。

ですから太りやすいのは遺伝であるというのは間違いではないのです。

ある発表では、この肥満遺伝子には「りんご型(β3AR)」「洋なし型(UCP1)」「バナナ型(β2AR)」の3つに分類することができ、遺伝子の形によって肥満となる要因も異なってくると言われています。

 

ですから自分がどの肥満遺伝子を持っているのかを特定することによって、食べ物や生活習慣に注意した日常を送ることで肥満を予防したり、改善したりすることも可能となってくるわけです。

これ以外にも肥満遺伝子や肥満に関係する遺伝子については様々な研究発表がされており、そこからは実に多くの興味深い結果を見ることができます。

 

親を見ればわかる肥満遺伝子

肥満遺伝子があるということは、その遺伝子を受け継ぐこととなった両親が肥満かどうかというのが一番簡単な判断基準となってきます。

一般的には両親が普通体型だった場合、その子供の肥満発生率は10パーセントと言われています。

また片親が肥満体型だった場合の肥満発生率は50パーセント、そして両親が肥満体型だった場合は、確率はグッと上がって80パーセントになります。

 

しかしこれはあくまでも発生確率の問題であって、肥満遺伝子を持っているからといって必ず肥満になるというわけではないのです。

それを証拠に、両者とも肥満体型の両親から生まれた子供の肥満発生率が80パーセントであることからも、肥満遺伝子を受け継いでいるから100パーセントの確率で肥満になるわけではありません。

ですから「両親からシッカリと肥満遺伝子を受け継いでいるから太っても仕方がない…」と悲観する必要はないのです。

 

肥満遺伝子はそれを持った人が太りやすい環境に置かれることで初めて肥満体型となります。

よって、冒頭で言ったように自分の肥満遺伝子のタイプを特定して、太りやすい環境を避けることで肥満から逃れることもできるというわけです。

遺伝に関しては肥満だけでなくガンなどの病気についての話もよく耳にしますが、両親ともがガンとなった子供が必ずガンになるわけではありません。

遺伝的要因(体質)と環境要因(生活習慣)が組み合わさった状態で初めて発症するのです。

肥満もガンと同じであって、太りやすいという体質が遺伝しただけで、必ず太ることが約束されたわけではないので、環境要因にさえ気を使えば肥満を避けて普通体型を維持することが可能となってくるのです。

 

レプチンに関係する遺伝的疾患

ダイエットに詳しい人は耳にしたことがあるかもしれませんが、満腹感を得るために必要な物質にレプチンというホルモンがあります。

このレプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収されることによって発生し、このレプチンが脳の視床下部の満腹中枢の受容体と結合することによって満腹感を発生させます。

つまりこのレプチンは食べ過ぎ防止作用があり、太らないための予防には必要不可欠なファクターということなのです。

 

そこで今はまだ動物を使った実験段階ではありますが、遺伝性肥満マウスにはこのレプチンを作る遺伝子に変異があることが研究発表されています。

京都大学医学部の研究チームが発表した研究内容では、遺伝性肥満ラットの遺伝子を調べたところレプチンと結合するレプチン受容体が完全に欠落していることが発表されています。

 

人間の場合にはレプチンや粗受容体の遺伝子異常による肥満の例は確認されていないのですが、同大学の研究員の話によれば、人間にもこれら遺伝子の異常が原因で肥満となっている例が発見される可能性はあるとのことです。

見つかれば肥満の遺伝子診断も可能となるだけでなく、新しい肥満治療薬の開発にも繋がる可能性が出てくるため、この研究には大きな注目が集まっています。

以上のように肥満と遺伝子の関係は未だ研究中の部分もありますが、大いに密接な関係性にあることをお分かりになってもらえたかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る