女性だけではない!男性にも起こりうる冷え性について

筆者も経験がありますが、よく職場の女性が集まって「冷え」について話しています。

それは単純な気温の低さではなく、体の内側から冷える「冷え性」についての話です。

一般的に女性に多い悩みなのですが、男性なら冷え性に悩まされないということはありません。男性は疎いであろう「冷え性」について学んで行きましょう。

冷え性の原因とは

「冷え性」というだけあって、気温に合わない寒気を感じます。

「ちょっと寒くない」と言っても、周りは全く寒さを感じないという場面に出くわしたことが筆者は何度かありますが、その原因が冷え性です。

もちろん、周囲が寒ければさらに寒さを感じることになります。しかし、冷え性の原因は外気の寒さには関係しません。冷え性の原因は私たちの体の内側にあります。

私たちは物を食べて消化することでエネルギーを作り出します。その大半は熱を作り出すために消費されるのですが、作り出した熱を運ぶ機能に障害が発生することで冷え性を引き起こします。

発生した熱を体中に送り届けているのは「血液」であり、その流れが滞ることで特に手足の先のように先端まで熱を送り届けることが難しくなるのです。

そのため、冷え性を患っている人は手足の寒さを訴えるのです。血流が滞る原因はいくつかありますが、慢性的な冷え性の場合は自律神経が乱れていることが考えられます。

自律神経は体温の調節を司りますが、これに異常が起これば体温調節のための血流操作もうまく機能せず、冷え性の原因となります。

冷え性が女性に多い理由

一般的に女性の罹患率が高い冷え性ですが、それにはきちんとした理由があります。

それは「皮下脂肪の多さ」と「筋肉の少なさ」です。女性は男性に比べて皮下脂肪が多く、筋肉が少ない傾向にあります。皮下脂肪はなんとなく寒さに強いというイメージがありますが、それはあくまでも外部からの熱伝導の問題であり、一度冷えてしまうとなかなか温まらず、特に気温が低い時期だと皮下脂肪の温度の低下によって血管が冷やされ、熱の伝播を阻害します。

また、筋肉には血流が多いという特徴があり、女性よりも筋肉の多い傾向にある男性は血流の多さによって冷え性にかかりにくいのです。

ただし、あくまでも「女性の方が冷え性になりやすい」というだけのことであって、男性であれば絶対に冷え性にならないという保証はありません。

もし、女性のように筋肉が少なく、皮下脂肪が増えてしまえば冷え性になる可能性は十分に考えられます。運動不足の男性は注意が必要ですね。

冷え性の改善とは

冷え性は「生活習慣病」の側面があります。

風邪などの一般的な病気は原因となるウイルスなどを駆除すれば快方に向かいますが、冷え性の場合は体質を改善しなければならず、体質を左右する生活習慣の改善を行わなければならないのです。

重要になるのは「血行の改善」と「自律神経の正常化」です。そして、血行の促進も自律神経の正常化も、生活習慣の改善によって果たすことができます。

まず、食事はバランスよく摂って栄養の偏りが起こらないように注意します。次に、十分に睡眠をとることです。

また、自律神経を乱す原因となる「ストレス」は溜め込まないようにします。もし、過度な飲酒やタバコを嗜んでいる場合は冷え性の改善を機に辞めることをお勧めします。

ここまでは一般的な「健康的な生活」と呼べるものですが、ここからは冷え性独特の対策を紹介していきます。まず、入浴時にはできるだけシャワーではなく浴槽にじっくりと浸かるようにしましょう。

次に、特に気温が低い際には防寒着や様々な防寒グッズを使用することが効果的ですが、靴下を何重にも履くような血流を阻害する行為は逆効果となりますので注意が必要です。

また、柔軟体操やマッサージのように血行を良くする行動は冷え性の対策に効果的です。特に冷え性に悩まされている部分へ血液を運ぶ部分をよくマッサージしておきましょう。

ページ上部へ戻る