ダイエット方法に筋肉トレーニングが推奨されている理由

ダイエットに有効な運動は脂肪燃焼効果のある有酸素運動であるということは多くの人が認識しています。

しかし、有酸素運動でない筋肉トレーニングがダイエット法として推奨されているのは何故なのでしょうか?

これには効率的なダイエットを行うためのチャンとした理由があるのです。

 

 

ダイエットに効果的なのは運動ということは皆さん周知のことだと思いますが、かといって運動ならば何でもOKというわけではありません。

ダイエットに詳しい人ならばご承知かと思いますが、ダイエットに有効な運動は有酸素運動とされています。

 

それはなぜか?

 

有酸素運動だけが脂肪燃焼というダイエットに必要な効果を発揮するからです。

運動には大きく分けると、この有酸素運動と無酸素運動の2つに分類することができます。

有酸素運動に代表されるのがウォーキングやジョギング、水泳、そして無酸素運動に代表されるのが筋肉トレーニングです。

 

ここで「?」と感じた人はいませんか?

有酸素運動でない筋肉トレーニングは、ダイエットの運動法として広く紹介されていますよね?

脂肪燃焼効果がないのに「何で?」と不思議に思うのは当然のことです。

 

それではこの点をよく理解してもらうためにも有酸素運動と無酸素運動について詳しく説明していくことにしましょう。

 

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動、無酸素運動ともに運動するためのエネルギーが必要となりますが、そのエネルギー源がこの2つの運動では違ってきます。

これが有酸素運動に脂肪燃焼効果があると言われている所以でもあります。

筋肉トレーニングに代表されるような無酸素運動は運動時に酸素を必要としません。

 

思い出してみてください。

重いものをグッと持ち上げる時には無意識に呼吸していない状態を作ってしまいますよね。

 

筋肉に一過性の負荷をかける運動は筋肉を大きくする特有の効果を得ることができるのですが、その反面、乳酸が溜まりやすく疲労感が大きいために、ウォーキングやジョギングのように長時間継続することができないという特徴があります。

これに対して有酸素運動は筋肉に負荷をかけて筋肉を大きくする効果はありませんが、心配機能の向上や血行促進など体に良いとされる効果が多数あり、筋肉疲労が大きくないので乳酸が溜まりにくく、長時間の運動継続が可能となります。

 

この運動時間こそが両者の大きな違いであり、ダイエットに大きな影響を生み出すこととなります。

長時間の運動を継続するということはそれだけ多くの運動エネルギーが必要となってきます。

ですから短時間のエネルギー供給と長時間のエネルギー供給とでは、利用されるエネルギー源も違ってくるというわけです。

 

無酸素運動の場合は筋肉内に蓄積された糖のグリコーゲンをエネルギー源とします。

これに対して有酸素運動の場合は、無酸素運動と同じく糖もエネルギー源としますが、元々体内には多くの糖は蓄積されていないため、その大半にはたんぱく質と脂肪が利用されます。

この違いによって、有酸素運動には無酸素運動にはない脂肪燃焼効果が発揮されるのです。

 

筋肉トレーニングがダイエット法に用いられるわけ

以上の点からダイエットに効果があるのは有酸素運動という結論が見えてくるのですが、脂肪燃焼効果のない無酸素運動である筋肉トレーニングがダイエット法に用いられているのにはチャンとした理由があるのです。

「脂肪燃焼しないなら意味ないじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、筋肉トレーニングには筋肉量を増やして基礎代謝を向上するという目的があるのです。

確かに有酸素運動だけで確実なダイエット効果は出てきます。

 

しかし、有酸素運動には無酸素運動のように筋肉量を増やす効果はありません。

ダイエット時には運動もさる事ながら食事制限も並行して行われるのが効果的な方法とされています。

そこで問題となってくるのが食事ダイエットによる筋肉量の減少です。

 

食事ダイエットでは摂取する食事で足りないエネルギーを体内脂肪で賄うとされているのですが、エネルギー補足は体脂肪に限ったものではありません。

タンパク質もエネルギーとして利用されているのです。

そしてそのタンパク質に当たるのが筋肉なので、食事ダイエットを行えば確実に筋肉量の減少が起こるのです。

 

筋肉量は痩せやすく太りにくい体質に大きな影響を持つ基礎代謝に大きな影響を与えます。

つまり、「基礎代謝量=筋肉量」という法則が成り立っているので、効率的なダイエットを行うには筋肉量を減らさずに基礎代謝力を維持することが重要となってくるというわけなのです。

これがダイエット方法に筋肉トレーニングが推奨されている理由です。

ダイエット時にはこの有酸素運動と無酸素運動の働きと特徴をよく理解して、効率的なダイエット効果が得られるようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る