スタミナアップに役立つ食べ物チーズ その効果は上質なタンパク源と亜鉛

皆さんは、「チーズ」に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

筆者は少し前まで「保存のきく栄養豊富な食材」程度に考えていました。

しかし、実は意外なことにチーズはスタミナアップに効果的な食材であると言えるのです。そこで今回は、チーズがどうしてスタミナアップに効果的であるかについて解説していきます。

上質なタンパク源

チーズは原料である牛乳由来の豊富なタンパク質を含んでいます。

しかも、種類によりますが原料となる牛乳の10倍(100gあたり)のタンパク質を含んでいることがあり、牛乳よりもタンパク質の摂取が容易なたべものであると言えます。

私たちの体は細胞で出来ており、その分裂にはタンパク質が欠かせません。傷の修復などにも細胞分裂とそのためのタンパク質が必要であり、体を正常に動かすために必要不可欠な栄養です。

また、ビタミンCと鉄分、食物繊維に関しては欠乏する食材ですが、それ以外の栄養は豊富に含まれている食材であり、野菜や果物と一緒に食べることでバランスよく栄養を摂取することができます。

しかも、これらの食材との相性も良いため、自分で料理を作れるのであれば手軽にアレンジすることができます。

栄養が不足することによる体の不調を防ぐことができ、毎日元気に過ごすことが出来るでしょう。

亜鉛が多く含まれている

タンパク質の他に注目したい栄養としては「亜鉛」が含まれています。実は亜鉛を必須成分とする酵素は200種類以上存在し、発育、傷の修復、味覚の正常化において重要な役割を持つ栄養なのです。

タンパク質の合成には亜鉛が必要不可欠であり、豊富なタンパク質を持つチーズに含まれる栄養として相性が良いのです。

しかも、亜鉛は現代の食生活において不足しやすい栄養の一つであり、多く含まれる食材が「牡蠣」や「レバー」などの好みの分かれる食材であることを考慮すると、是非とも好んで摂取しておきたい栄養であると言えます。

それを手軽に摂取できるチーズは、亜鉛の補給において重要な役割を果たせる食材の一つなのです。

余談ですが、亜鉛は毒性が強い栄養でもあるので、サプリメントを過剰に摂取する等よほどのことがない限り過剰摂取にはならないと思いますが注意してください。

保存がきく

冒頭でも述べましたが、チーズはきちんと保存しておけば長期保存が可能な食材です。この点は原料である牛乳とは大きく異なり、冷蔵庫の保存で長いあいだ保存しておくことができます。そのため、買いすぎたとしても賞味期限が切れてしまうことは滅多にないでしょう。常備して起きやすい食材であると言えますので、毎日食べるのに適しています。

チーズの問題点

しかしながら、スタミナ維持のためにチーズを食べることにはいくつかの問題点があります。

まず、チーズをはじめとする乳製品は消化しにくいという特性があります。そのため、特に消化力の弱まっている朝食時に大量にチーズを食べると、消化不良を起こしかねません。

また、就寝前にチーズを食べるのも、消化のために睡眠の質を落としかねないので注意が必要です。お酒のおつまみとしてチーズを食べるのであれば、可能な限り就寝までの時間を確保して、十分に消化してから眠りにつくことが望まれます。

また、一度に大量にチーズを食べても、たちまち体調が良くなるとかそういったことはありません。

あくまでもタンパク質や亜鉛を始めとした各種栄養に優れ、健康的な体を作り上げることができる食材であるということであり、速やかな体力回復や特定の病気を治すことに有効であるとは言えません。

そのため、日頃から少しずつでも食べることを心がけるのが良い食べ方であると言えます。最後に、どうしてもチーズが苦手な人もいます。

無理に食べる必要はありませんし、それがストレスの原因となっては本末転倒です。乳製品に対してアレルギーもありますから、自分が食べられないだけでなく、苦手な人に無理に進めることも良くありません。

関連記事

ページ上部へ戻る