食欲不振に効果的な食べ物梅干し クエン酸で疲労回復!

毎年、「夏」が近づくたびに憂鬱になる人は多いのではないでしょうか?

筆者も夏は大の苦手で、夏バテになったことも何度もあります。食欲が低下することで、より体力を奪われることになってしまいます。

そこで今回は、夏バテによる食欲不振を解消し、体力の回復に効果的な食べ物である「梅干し」の魅力について紹介していきいます。

酸味で食欲を増進

梅干の味といえば、やはり「酸っぱい」というイメージが大半を占めるのではないでしょうか?現在では数多くのバリエーションを手軽に楽しめる梅干、皆さん想像してみてください、あの酸っぱさを。

もうヨダレが出始めているのではないでしょうか?

梅干の場合、イメージするだけでもあの酸味のせいか唾液の分泌が促進されます。

実際に梅干を食べた時にはさらに多くの唾液が分泌されることでしょう。

実は、それこそが食欲不振を解消するのに役立つのです。

梅干を舌の上に乗せた時、その酸味が刺激となって胃に刺激が送られます。その結果、消化液の分泌を促すことになります。

そうなると胃腸の働きが活発になり、食欲が増進するのです。特に暑い夏の時期には厚さがストレスとなり、食欲が低下してしまいます。

暑さによって奪われる体力を回復させるための食事が滞ることで、より体力の低下が激しくなってしまいます。

暑い夏であれば、筆者も好んで食べる「梅干茶漬け」なんていかがでしょうか?

サラサラっと食べられるので、食欲が低下している夏バテ状態でもきちんと食べられるのでお勧めです。

クエン酸で疲労回復

梅干の酸味の正体は「クエン酸」です。その酸味は食欲を増進させるだけでなく、体の疲れを解消するのにも効果的なのです。

運動をすると誰だって疲れますが、その原因は筋肉に溜まっている「乳酸」です。乳酸も時期に代謝されるのですが、それには時間がかかってしまいます。

クエン酸には、筋肉の中に溜まっている乳酸を体の外への排出を促す働きがあり、疲労回復に効果的です。「疲れた時には甘いもの」とはよく言いますが、実はそれは逆効果であるという考え方もありますから、ここは酸っぱい梅干を食べて疲労回復に努めましょう。また、クエン酸には血流を改善する働きもあり、代謝を促進する効果が期待できます。

乳酸を取り除き、エネルギーの循環を活発にすることで疲れ知らずで過ごすことが出来るでしょう。

運動中に梅干を用意するのは現実的ではないでしょうから、外で運動をする時には梅干のおにぎりを昼食として用意しておくのが良いのではないでしょうか。運動会の昼食には是非とも用意しておきたい一品だと言えますね。

整腸作用と抗菌作用

梅干には、胃腸の働きを助ける効果があります。梅干の酸味は胃を刺激することによって、胃や腸の働きを活発にする効果が期待できます。

いくら梅干で食欲が増進されても、それを消化するための胃がきちんと働いていなければ消化不良を起こして体調を悪くしてしまいます。しっかり食べて、しっかり消化することが体力の維持には欠かせません。

さらに、梅干には高い抗菌作用があります。胃腸の病原菌を殺菌する働きが期待できるので、特に胃腸の機能が低下している状態では役立つことも多いのではないでしょうか。

胃腸の働きが活発になり、殺菌をすることで下痢や便秘の改善にも効果が期待できます。ただ、梅干を食べたことで下痢が悪化したという話もあるようなので、無理して食べることはありません。

便秘の悪化は話を聞いたことがないので、こちらは問題なく快方に向かうことでしょう。また、殺菌とは異なりますが、解毒作用として「二日酔い」にも効果を発揮してくれます。

その他にも免疫機能の向上やカルシウムの吸収促進など、健康を維持するための働きが期待できます。

あの小さな漬物に、ここまでの効果が期待できるというのは驚きですね。食べ方も工夫できる食べ物ですから、常に冷蔵庫に常備しておきたい食べ物の一つであると言えますね。

関連記事

ページ上部へ戻る