食事ダイエットが引き起こす深刻な問題

痩せたいと思ってダイエットに取り組んだ人が実は思いもしないトラブルに見舞われるということは少なくありません。

これはダイエットの結果ばかりに目がいったことが原因です。

ダイエットと言えど、そのやり方を間違えれば深刻な問題を引き起こすことにもなりかねないのです。

 

最も短時間で効果的な結果を得られるダイエット法と言えば、やはり食事ダイエットでしょう。

人間は生命維持をしていくためにエネルギーを必要とし、それを食事によって補給しています。

そのため、そのエネルギー源である食事を減らせば必然的に体内ではエネルギー不足が生じ、体内に蓄えられている脂肪が利用されることになります。

ですから、確実に脂肪を減らしたいと願う方にとって、食事ダイエットは本当に大きな効果を発揮するダイエット法と言えるでしょう。

 

しかし、この食事ダイエット、大きなダイエット効果とは裏腹に体にさまざまな弊害を与えることにもなるというデメリットもあるのです。

食事は何もエネルイギー補給のためだけに行われるわけではありません。

体内組織の修復や成長に必要となってくる各栄養素の補給も食事によって行われているのです。

 

よって、この点を考慮せずにただやみくもに食事量だけを減らしたダイエットを行えば、エネルギー不足だけでなく栄養不足を引き起こすことにもなりかねません。

エネルギー不足は脂肪などで代替えが効きますが、栄養俸給に関してはその方法も少なく、全く代替えが効かない場合も少なくないのです。

これが引き金となって、体には思わぬ弊害が発生してくるというわけです。

 

それでは間違ったダイエットを行なわないためにも、食事ダイエットが引き起こすデメリットにはどのようなものがあるのかをもう少し詳しく説明していくことにしましょう。

 

筋肉量の低下

食事制限を行った際に、その代替えとして脂肪が利用されると言いましたが、これは何も脂肪だけに限られているわけではありません。

脂肪の他にも糖分やタンパク質が用いられることとなります。

 

ここで問題となってくるのが、そのタンパク質です。

利用されるタンパク質は筋肉が原料となってきます。

ですから食事ダイエットを行った際には、確実に筋肉量の減少が起こることになるのです。

 

確実に脂肪は減ってはいきますが、同時に筋肉量も減少してしまうのでダイエット後の体は筋肉量が少なくなり、脂肪率の高いたるんだ体になることも考えられます。

これではせっかく痩せたとしても、決して望んだようなダイエット結果を得られたとは言えませんよね。

 

また筋肉量が減少するということは基礎代謝が落ちることにも繋がります。

よって基礎代謝の低い太りやすい体となってしまい、リバウンドの可能性が高くなってしまうという危険性も出てくるのです。

 

必要な栄養素の欠如

また食事制限でよく耳にするのが、食事量を減らすことで本来必要な栄養素が補給できずに何らかの体調不良を引き起こしてしまったという話です。

代表的なものが肌荒れや抜け毛など美容に関する大きなトラブルです。

 

男性の場合はあまり気にしないという方もいるかもしれませんが、いくら女性のように気にしないといっても、肌がカサカサ、髪の毛は薄くなってしまっては、とてもじゃないですが気にしないわけにはいきませんよね。

美肌にはビタミンやミネラル、食物繊維が必要不可欠で、肌はその人の年齢を大きく左右します。

 

ですから肌年齢が低いほど若く見えるというわけです。

ダイエットには成功したけど老け込んでしまったということにならないためにも、カロリー数ばかりを気にすた食事制限を行うのではなく、カロリー数とともに必須栄養素の欠如にはくれぐれも気を使う必要があるのです。

 

そして、太ることを原因に肉類の摂取を控えることでタンパク質の摂取量が足りなくなって、筋肉が成長せずに衰えてしまうという事態もよく聞く話です。

これら弊害を考えれば、食事ダイエットには必要な栄養素を欠如することなく、カロリー調整を行うことが最低限必要だということはお分かりいただけますよね。

 

拒食症に発展する可能性も…

拒食症を引き起こす原因には様々なものが考えられますが、食事ダイエットもその原因の一つとして考えられています。

最初は気軽なダイエットのつもりだったとしても、「もっと痩せたい」という思いが大きくなってダイエットのペースに拍車が掛かり、知らない間に拒食症となっているケースは実に多いのです。

 

また食べたいけれど食べれないという思いから、突然タガが外れてしまい過食症になることもありますし、食べた後に後悔して吐いたのをきっかけに食べては吐くを繰り返して拒食症となることも少なくありません。

拒食症になんてなるはずがないと思っている方も多いでしょうが、過激な食事ダイエットは拒食症に繋がる可能性が高いことをよく理解しておきましょう。

 

以上のように食事ダイエットにはダイエット当初には考えもつかないような深刻な問題が潜んでいます。

よって食事ダイエットを行う際には、これら問題が発生しないように過激な食事制限だけは避けるようにしなければならないのです。

関連記事

ページ上部へ戻る