男性も女性も同じ脱毛器でOK 選ぶ際の注意点は?

脱毛をするのには数多くのメリットがあります。見た目の良さ、衛生面、ムダ毛処理の煩わしさの解消など、男性にとっても嬉しいポイントが数多く存在します。

しかしながら、脱毛サロンに通うのはどこか気恥ずかしい感じがしませんか?今や男性の脱毛も当たり前と騒がれている時代ですが、やはり抵抗を感じずにはいられないでしょう。

そんな人は脱毛器を購入してみてはいかがでしょう。

本格的な脱毛に人の手が不要な時代

かつては本格的な永久脱毛は美容外科や脱毛サロンの専売特許でした。

最初に登場した永久脱毛は、それは極めて専門的な技術を要し、素人では決して手が出せない領域でした。それがここ10年ほどで一気に脱毛器の技術が近代化し、そのスペックの向上に成功しています。

そして、そのスペックの高さは脱毛器の性能そのものだけでなく、誰にでも扱える使用しやすさを実現しているのです。

もちろん、サロンやクリニックで用いられている脱毛器ほどに高性能ではないものの、手頃な値段で購入できるという点も考慮すると脱毛器が身近な存在になったと言えます。

男性も女性も同じ脱毛器でOK

スキンケア商品となると、最近では男性のスキンケアの需要の高まりから「男性用」と銘打っているスキンケア商品が数多く登場しています。

そうなると、脱毛器にも男性用が存在するのかといえば、今のところ男性用の脱毛器として売り出されている商品は無いように思います。

基本的に脱毛において、男女の差は明確ではないでしょう。基本的にはムダ毛の性質は男女で同じなのですから、それに対して影響を及ぼす脱毛器にも男女に差を設ける必要はありません。

そのため、無理に「男性用の脱毛器を探そう」と思う必要はなく、脱毛器の性能のみを追求すれば問題ないでしょう。

脱毛器は「安かろう、悪かろう」?

筆者は、値段が安いものがそのまま安物であるとは思っていません。というのも、今まで家電製品や家具などの安くない買い物の際には値段をまず重視し、その上で口コミで性能を調べるようにしています。

安ければ良いというのではなく、あくまでも安いものの中で性能に問題のないものを選んでいるのです。要は「コストパフォーマンス」の高さで決めているのです。

世の中には値段が安くても、それが信じられないくらいの性能の高さを発揮してくれる商品は数多く存在します。

では、脱毛器も同じなのかといえば、実際のところは「安かろう、悪かろう」が適用されていると言えます。

前述のとおり、家庭用脱毛器はここ10年ほどで目まぐるしい市場拡大を成し遂げましたが、逆に言えば「まだ10年」

とも言えます。未だ商品は進化を続けているものの、安さを追求する段階ではないのです。

性能を重視すればそれだけ値段は高くなります。それもいつかはコストダウンを重視する段階になるでしょうが、未だにその風潮は訪れていません。

そうなると、現段階で値段が安い脱毛器は、基本的に性能面で大きく劣っていると言えます。

全く役に立たないかといえばその限りではありませんが、やはり高価な脱毛器に比べるとどこかに落とし穴があるのが実情であると言えます。

その代表例としては「サーミコン式脱毛器」が挙げられます。

売れ筋の脱毛器に比べて半額以下の値段で購入できますが、これは脱毛器というより除毛器に近く、ムダ毛を目立たなくさせる効果は期待できませんし、痛みも大きいです。

「安物買の銭失い」になる可能性が高いですから、家庭用脱毛器においては性能の高い商品を選ぶことを第一に考えたほうが良いでしょう。

脱毛器を選ぶ際の注意点

脱毛器を購入する際には、性能の高さ以外にもコストパフォーマンスの高さも考慮したほうが良いでしょう。

家庭用脱毛器は、本体価格の他に交換用カートリッジやバッテリーの費用がかかります。

それらがどれくらいの回数使えるのかを調べ、値段と計算して照射1回あたりのコストについて調べておいたほうが良いです。

また、場合によってはカートリッジが交換できない脱毛器があるので、特に複数人で使用する場合にはカートリッジが交換できるタイプを選んだほうが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る