なぜ?どうして?脱毛サロンやクリニックを諦めた理由について

ムダ毛処理の煩わしさを解消できる「永久脱毛」、今でこそ家庭用脱毛器もいくつか登場していますが、少し前までは基本的にクリニックやサロンに通うのが唯一の方法でした。

しかし、クリニックやサロンに通った経験のある人の中には、途中で通うのを諦めたという人も少なくありません。クリニックやサロンに通う前に知っておくと便利ではないでしょうか。

予約がなかなか取れない

基本的に、クリニックもサロンも完全予約制です。時間があるからといって散歩ついでに気軽に通える場所ではないのです。

とは言え、予約さえ取ればきちんと施術を受けることができます。

問題は「予約を取ること」そのものなのです。

ネットや雑誌で話題になっていたり、交通の便が良い好立地なクリニックやサロンの場合、その人気は高くなり、利用者は増えます。

彼らも予約して利用するのですから、当然ながら予約枠は取り合いになり、基本的には早い者勝ちとなります。ただ、人気のクリニックやサロンほどその競争率は高く、予約が取りたくても何ヶ月も待たされることになってしまいます。

そのため、希望通りの日時に予約が取れず、予約枠が空いている日時は利用者の方が用事があるというミスマッチが起こってしまい、なかなか通うことができないのです。

しかも、2ヶ月に1回という基本的な通う頻度に通う回数をかけた期間を経過しても施術が完了しないのです。

2ヶ月に1度、きちんと予約が取れていれば、例えば6回通うのであれば残り5回を2ヶ月事なので10ヶ月で完了しますが、2ヶ月後に予約がとれなければそれが先延ばしになってしまい、例えば平均で3ヶ月に1回通えたとしたら1.5倍の15ヶ月後まで施術が完了しないのです。

しかも、毛周期の関係で短期間に集中して通うことができないので。一度予約がとれないとこれは結構ストレスになるのです。

結局、残り回数を残したまま通うのをやめてしまうのです。おそらく、クリニックやサロンに通うのを辞めた理由の中では一番多いのではないかと思います。

勧誘がしつこい

脱毛においては、数多くの脱毛箇所とそれを組み合わせた脱毛プラン、その他様々なサービスを利用することができます。

しかし、脱毛においては特定の部位だけムダ毛を無くしたいという人が多く、それ以外の脱毛屋サービスには興味がない人が多いです。

にもかかわらず、クリニックやサロンによっては利用者が必要としていないプランやサービスに関してしつこく勧めてくることがあるのです。要は訪問販売が何時までたっても帰らないのと同じようなものですね。

筆者も経験ありますけど、悪質この上ないんですよね。

利用者としては忙しい中クリニックやサロンに通っているのですから、できるだけ早く済ませて帰りたいはずです。

それなのに、担当者は何時までたっても不要なプランまで勧めてくるのです。

これも脱毛を辞めてしまった理由としては多いですね。

最近では「無理な勧誘はしない」ということを武器にしているところもあるようですが、未だに続けているところもあるようですね。

転勤先にサロンがない

前述のとおり、クリニックやサロンは一度の施術で脱毛は完了しません。

完全にムダ毛を無くそうと思ったら、何度も通わなければなりません。しかも、その辺の諸k品スーパーと異なり、基本的には同じクリニックやサロンに通わなければなりません。

そんな中、会社勤めしている人には「転勤」が命じられることだってあるでしょう。そうなると、基本的には引越ししなければなりません。

引越しするということは、今住んでいる場所から遠い場所に住所を変えるということ、果たして今まで通っていたクリニックやサロンまでどれだけの距離になるでしょうね。

サロンによっては全国にチェーン展開している場合、残りの施術を他県の別店舗で受け続けられることもありますが、移動可能出ない場合には断念するしかありません。それとも、車や電車で何時間もかかるような場所まで通うというのですか?

現実的ではないですね。

痛みがある

これも最近は少なくなってきましたが、脱毛においては肌に施術をするわけですから、少なからず肌に痛みが発生します。

一昔前の脱毛の主流だった「ニードル脱毛」はそれなりに痛みが強く、最近の主流である光を用いた脱毛法であっても、痛みの感じ方には個人差があります。

何度も施術を受けることになるのですから、痛みがあれば通うのは辛いものです。

関連記事

ページ上部へ戻る