わき毛は脱毛したほうが良いのだろうか?

皆さんは、普段から「わき毛」に対して意識を向けることがあるでしょうか?

女性の場合は値段の安さもあってかクリニックやサロンでのわき脱毛は人気がありますが、男性の場合はそこまで気にする人はいないのではないでしょうか。

しかしながら、男性のわき脱毛にもいくつかのメリットがあるのです。今回は、わき毛の脱毛について解説していきます。

わき毛は「両性毛」

まず、わき毛は全身の体毛のうち、「両性毛」に分類されます。体毛は「性毛」と「無性毛」に分類され、このうち性毛は男性ホルモンによってその濃さに影響を与えます。

一般的に「男性の方が体毛が濃い」というのはそれに由来します。性毛はさらに「男性毛」と「両性毛」に分類され、男性毛は男性に固有の体毛、両性毛は男女ともに生えるものの男性ホルモンによって基本的に男性の方が濃くなりやすい体毛です。

もちろん、わき毛の濃さは男性ホルモンの量に応じるので個人差が大きいです。人によってはやたらとわき毛が濃くなったり、筆者のように男性にしてはやたらと薄くなることもあります。

わき毛が濃いことの弊害

多くの男性はわき毛の濃さを気にしていないかもしれません。

しかし、わき毛の存在は場合によっては思わぬ弊害をもたらすことになります。まず、わき毛はいわゆる「わきが」を悪化させる可能性が高いです。

わきがはわきの汗の中の物質を皮膚の常在菌が分解することによって臭いの原因物質が作られることで発生するのですが、わき毛が濃いと蒸れやすく、常在菌の繁殖を促すことになります。

そうなるとわきがの臭いを悪化させやすくなってしまうのです。次に、服装によっては人目を気にしなければならないという点です。

わきは通常であれば服で隠れますが、袖のない「ノースリーブ」の服であればわきは隠れません。わきを閉じていてもはみ出るほどのわき毛が生えていると、どこか不潔なイメージを持つ人もいることでしょう。

実際に、上記の理由でわき毛を剃っている男性は少なくありません。

わき毛脱毛のメリット

わき毛に悩んでいるのであれば、いっそのこと脱毛を受けてみるのが良いのではないかと思います。

わき毛の脱毛には数多くのメリットがあるのです。まず、上記の弊害を無くすことができます。わきがは抑えられ、着る服にも左右されることもなくなります。

二つ目に、ムダ毛処理をする手間が省けます。脱毛においてはその効果や個人差によって、体毛が生えてこなかったり生えても目立たないレベルに抑えることができます。

そのため、少なくとも今までのような頻度でわきを剃る必要はなくなります。3つ目に、わき脱毛は基本的に料金が安く、施術の時間も少なくて済みます。

サロンによっては両わきの脱毛は無料という店舗もあり、多少の差はあれども基本的に安い料金で利用することができます。また、施術にかかる時間も両わきで10分程度と、忙しい人でもちょっとした時間を利用して通うことができます。

わき毛脱毛にデメリットはあるのか?

メリットを並べてみると、やはり気になるのは「デメリット」です。わき毛脱毛には確かにいくつかのデメリットが挙げられるのですが、これらは実際には有名無実であると言えます。

まず、わき脱毛を経験した人の中には「わきの汗をかきやすくなった」と主張する人がいますが、医学的にわき脱毛とわきの汗には関連が認められていません。

ひょっとしたら、わき毛がなくなったことで何かしら肌への刺激の感じ方が変わっていることで、同じ汗の量でも「増えた」と感じているのかもしれません。

二つ目に、脱毛をすれば以前のように体毛は生えてこないというものがあります。脱毛は不可逆、つまり一度脱毛してしまえばおそらく一生、以前のように体毛を生やすことはできなくなります。

つまり「取り返しがつかなくなる」ということになりますが、さて、わき毛が無くなって困るのは誰なのでしょう。

基本的にわき毛が無くなって困る人はいませんよね、いるとすれば、演劇関係で「わき毛の濃い人」が演じられないくらいでしょうか?

結局、わき脱毛をする際のデメリットは無いと言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る