方法いろいろ、ひげそりの方法について

皆さんは、ご自分の「ひげ」をどのようにして処理していますか?筆者は高校の頃からずっと電気シェーバーでひげそりをしています。

しかし、ひげを処理する方法は他にもいくつか存在します。

ひょっとしたら、今まで利用してきたひげの処理方法よりも優れた方法があるのかも、ということで、ひげそり、ひげの処理の方法についてまとめてみました。

いろいろ手軽な「電気シェーバー」

電気シェーバーの最大のメリットといえば、やはり単体でヒゲを剃れるという手軽さでしょう。

カミソリの場合はシェービング剤などがなければ使えませんが、電気シェーバーの場合はきちんと充電さえしていれば基本的の本体以外の道具は必要としません。

鏡はあれば便利でしょうが、剃るだけなら必須ではありません。道具を必要としないということは、場所を選ばないということにもつながります。

電気シェーバー本体と、それを動かすための電力さえあればどこででもひげを剃ることができます。この手軽さが好きで、筆者は長年電気シェーバーを使い続けているのです。

また、カミソリに比べて肌へのダメージを少なくできるというメリットもあります。肌の弱い人にはありがたい性質ですね。

デメリットとしては、ヒゲソリほど深剃りできないという点でしょう。どうしてもひげそり跡のジョリジョリ感は否めません。

最近ではシェービング剤を用いるタイプも存在しますが、その場合は電気シェーバーの手軽さが失われてしまいます。また、ピンからキリではありますが、基本的にはカミソリよりも高価です。使い捨てることを考えなければ、カミソリの方がコストパフォーマンスは高いです。

剃ることにかけては一級の「カミソリ」

今までの歴史を振り返れば、家電製品の普及に伴って今まで使用されてきたものは廃れていきました。

そんな中、ひげそりに関しては電気シェーバーが登場してもカミソリは廃れずに今日まで利用され続けています。それは、カミソリの「剃る」という行為に関しては電気シェーバーがそのシェアを奪えなかったからでしょう。

カミソリは、電気シェーバーよりもしっかりとひげを剃ることができ、きちんとひげそりを行えばツルツルの肌を作り出すことができます。

また、電気シェーバーよりも細かく剃ることができ、ひげの演出が可能です。デメリットとしては刃物を直接肌に当てることにより、肌を傷つけて肌トラブルの原因となりやすいことです。

筆者も一度だけカミソリでひげを沿ったことがあるのですが、それからしばらく顎の肌荒れがひどかったのを覚えています。

また、きちんとシェービング剤などを使ってひげそりをしても、基本的には肌を傷つけやすいので肌の弱い人には適さないという点も挙げられます。

鬱陶しければ「脱毛」

さて、これらの方法はひげを剃る、要はひげの伸びた部分を切っているだけなので、しばらくすればまた生え揃ってしまいます。

そのため、特にヒゲが伸びるのが早い人は毎日ひげを剃っても足りないくらいに感じているのも珍しくはありません。

毎日のひげそりが鬱陶しいと感じたら、いっそのこと脱王を受けてみるのも良いのではないでしょうか。上手くいけば、一生ひげそりをしなくても良くなるかもしれません。

そうなれば、仕事で忙しい朝の時間も少し余裕ができますし、大事な会議にひげぼうぼうで臨まなくても良くなります。デメリットとしては、一度完全に脱毛してしまえば二度とひげは生えてこないのですから、ひげが必要になった場合には「付けひげ」しか選択肢がなくなります。

いつ、どのような流行が訪れるか分かりません。あるいは、ひげを剃るのではなく、整えることが流行ることだって考えられるのです。

そうなった時に脱毛をしてしまった場合、ひげは生えてこないのですから自分だけ流行においていかれます。

そんなことはないでしょうけれども、「取り返しがつかない」ということには変わらないので、その点も考慮して脱毛するかどうかを決めたほうが無難でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る