これならできる!食べ方を変えるだけの食べ順ダイエット

ダイエットはしたいけど、食事制限だけは何度やってもうまくいかないという人は少なくないでしょう。

しかし、食べる量は変えることなく、ただ食べ順を変えるだけでダイエット効果を発揮するという嘘のようなダイエット法があるのです。

 

 

ダイエットで思ったような結果を得るためには食事制限は欠かすことのできない重要なポイントとなってきます。

しかし、この食事制限は口で言うほど簡単なものではなく、普段口にしていた食べ物が食べれなかったり、量が少なくなることで満足考えられなかったりと、我慢しなければならないことが多くなります。

それがストレスとなって途中で挫折してしまうことも少なくありません。

 

ですから、できるなら食事制限のない上手い方法はないものかと考えている人も少なくないでしょう。

そんな人におススメなのが食事の量を減らすことなく、食べる順番を変えるだけでダイエット効果がある「食べ順ダイエット」です

食べ順を変えるだけでダイエット効果があるなんて、何だか信じられない気もしますが、これは医学的に実証された事実をベースにしたものですから、ちゃんとその効果を実感することができるのです。

 

食べ順を変えるだけでダイエット効果が出るワケ

それでは食べ順を変えるだけでダイエット効果が出るのには、どのようなカラクリがあるのでしょうか。

食べ順ダイエットの骨子は、食べ物の順番を変えることによって吸収率を抑えて、余分なカロリーを体内に蓄積しないことで効果を発揮します。

 

そして、その食べ順は血糖値の上昇をできるだけ抑える方法がとられています。

なぜ血糖値を押さえる必要があるのかといえば、これは血糖値が上がることによって分泌されるインシュリンが大きく関係しています。

 

インシュリンには、各細胞にエネルギー源として糖を送り込むという働きがあります。

これらは基礎代謝時のエネルギーとして消費されることになるのですが、必要以上に大量にインシュリンが分泌される状況になると、すべての細胞に十分な糖が送り込まれている状態になっても、インシュリンは活動を止めず、どんどん糖を送り続けるのです。

こうなると過分な糖は消費されることなく体内に残って、脂肪に変化してしまいます。

 

つまり、過分なインシュリンの分泌は脂肪のつきやすい状況を引き起こしてしまうというわけです。

よって、インシュリンを分泌する引き金となる血糖値の上昇を抑えてやることでインシュリンの分泌量を減らして、各細胞に送り届けられる糖の量も減らしすことでダイエット効果を生み出すというわけです。

 

食べ順ダイエットが生み出すもうひとつの効果

食べ順ダイエットの効果は、何も血糖値の上昇を抑えるだけではありません。

血糖値の上昇の抑制とともに、早い段階での満腹感を迎えることができるという大きなメリットがあるのです。

 

食べ順ダイエットは、

食物繊維→たんぱく質→炭水化物

の順が基本的な食べ順となっています。

 

これは勿論、血糖値の上昇を抑えるために考案された順序なのですが、幸か不幸か最初に食物繊維を食べることで、早い段階で満腹感を得ることができる大きなメリットが生まれるのです。

知っている人も多いかと思いますが、食物繊維は水分を多く吸収するという特性があります。

 

ですから、食物繊維が胃の中に到達した時点で、水分等を吸収することになります。

そしてここで食物繊維のもう一つの特徴である、膨張が発生するのです。

食べた量が少量であっても、食物繊維を多く含む食材は胃の中で水分を吸収して膨張するわけですから、他の物を同じ量食べるよりも多くの満足感を得られるというわけです。

 

食べ順ダイエットの注意点

基本的に食べるものを変更する必要のないのが特徴ですが、できるならばバランスのいい食事内容にすることをおススメします。

また食物繊維が十分膨張するためにも、食前にはまずはお茶や汁物などの水分の多いものを最初に口にするようにしましょう。

 

そして、食べすぎを抑えるためにも薄味にするというのも重要なポイントです。

いくら食べる量に制限がないといっても、以前よりも食事量が増えてしまっては十分な効果は得られません。

満足いくダイエット結果を出すためにも、これら注意点には必ず気を付けるようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る