睡眠時間が短いと太りやすくなる!?

あなたは十分な睡眠時間をチャンと確保できていますか?

おそらく仕事を抱える男性の大半がNOと答えるのでうはないでしょうか?

睡眠不足は体調面にも大きな影響を与えますが、実はダイエットにも大きな影響を与えているのです。

 

睡眠時間が短いと太りやすくなる!?

皆さんは十分な睡眠時間が確保できていますか?

美容に関心が高い女性ならまだしも、その辺にあまり関心がない男性の場合だと意識して十分な睡眠時間をとっている人は少ないのではないでしょうか?

特に遅くまで残業をこなして、その後軽く1杯ということが習慣化している人も少なくないかと思いますから、胸を張ってチャンと寝ていると言う男性は少ないかと思います。

 

そんな男性に質問です。

 

アナタはもしかして肥満が気になっていませんか?

 

実は睡眠と肥満には密接な関係があり、睡眠時間が少ない人ほど太りやすいという事実が医学機関から発表されているのです。

睡眠が短ければ痩せるはずだろう!と言われる人も多いかと思いますが、実はその考えは正しいものではなかったのです。

 

レプチンとグレリン

睡眠時間が短ければ太りやすくなるという驚きの事実を発表したのは海外の医学機関で、睡眠時間を7~8時間取れている人が最も肥満率が低く、それよりも睡眠時間が短くなった場合は、その時間に反比例するように肥満率が高くなるというものです。

肥満率は睡眠時間が5時間の場合だと50パーセント、4時間以下の場合だと73パーセントも上昇します。

日本人の健康診断データをもとに研究された結果でも同様の傾向が確認されており、睡眠時間が5時間以上の人と以下の人では肥満になる確率に大きな差が出ています。

 

それでは何故睡眠時間が肥満に影響してくることになるのでしょうか?

 

それにはレプチンとグレリンというホルモンが大きく関わっているのです。

 

レプチンの名の由来はギリシャ語のレプトスからきており、これには「痩せる」という意味があります。

そしてこのレプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収された際に分泌されるホルモンで、その名の由来にも負けない働きがあり、脳の満腹中枢を刺激して満腹感を感じさせる大元になります。

つまりレプチンはダイエットする際には必要不可欠なホルモンであるというわけです。

 

しかしこのレプチンは睡眠時間によって分泌量が左右されるという性質があるのです。

ある研究によると5時間しか眠らない人は8時間眠る人と比べると、このレプチンの量が約15パーセントも少ないことが分かっています。

ですから睡眠時間が短いとなかなか満腹感を感じることがなくなって、過食気味となってしまうというわけなのです。

 

睡眠時間が短い時や徹夜明けなど異常に食欲が旺盛になる経験をしたことがある人は多いかと思います。

これは疲れているから体が栄養を欲しているわけではなく、単にレプチンの分泌が悪くなっているというだけだったのです。

これに対してもう一つのグレリンは胃から分泌されるホルモンで、脳の視床下部にある食欲中枢を刺激して食欲増進を働きかけます。

つまりレプチンとは全く反対の働きをするわけです。

 

本来グレリンは空腹時で体内エネルギーが不足している時に分泌されるホルモンなのですから、空腹時のみに分泌されるので過剰分泌で過食を引き起こすことはありません。

しかしこのグレリンも睡眠時間によって分泌量が左右されるという性質があるのです。

 

先程のレプチンと同研究では5時間しか眠らない人は8時間眠る人と比べると、このレプチンの量が約16パーセントも多くなっていることが実証されています。

つまり、睡眠時間が少ない人は食欲が増していて、太りやすい状態になっているというわけです。

ですから睡眠時間が短い人は、グレリンの分泌が増して食欲が旺盛になっている状態で、レプチンの分泌が抑えられて満腹感をなかなか感じられないのですから、どう考えても過食となってしまうのは疑わざる事実となってくるのです。

 

さらにグレリンが過剰分泌されると、高脂肪で高カロリーな食べ物を欲するようにもなります。

睡眠不足の時にラーメンなどコッテリとした食べ物が無性に食べたくなるのも、このグレリンの過剰分泌が原因となっていたわけなのです。

 

 

以上が睡眠時間が短いと太りやすくなってしまうメカニズムです。

「まさか睡眠時間が…」と思われる人も多かったと思いますが、睡眠時間が短いと確実に太りやすい状態へ追い込まれることとなります。

睡眠時間は健康な生活を送っていく上でも重要となってくることですし、これを期に、心当たりのある人は睡眠時間の見直しをしてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る