痩せるためには有酸素運動が必要不可欠!

痩せるために行う運動は何でもOKというわけではありません。

運動することによってチャンと脂肪燃焼効果が伴わなければダイエット効果は期待できないのです。

ですからダイエット時の運動には脂肪燃焼効果のある運動を効率よく行っていくことが必須となってくるのです。

 

痩せるためには有酸素運動が必要不可欠!

ダイエットに欠かせない重要ポイントと言えば食事制限と運動の2つになってきますが、このどちらもただやれば効果が出るというものではありません。

食事制限にしても運動にしてもチャンとダイエット効果を得るためのやり方を理解しておかなければ、全くダイエット効果がないということにもなりかねません。

 

特にダイエット時の運動に関しては運動量にこだわる人も多いのですが、ただやみくもに激しい運動をすればダイエット効果が高くなるというわけではありません。

ダイエット効果、すなわち脂肪燃焼効果を求めるのならばキチンとその効果がある運動法を行わなければ痩せることはできないのです。

それではダイエット時に行われる運動法について、誤解されている点を説明していきながら、効果的な運動とは何かを説明していくことにしましょう。

 

筋トレでは脂肪燃焼効果は得られない。

現在ダイエット法として紹介されている運動には筋トレをメインとしたものが多く紹介されています。

しかしこの筋トレ、実は脂肪燃焼効果はほとんどないのです。

中には筋トレで痩せたという人もいるようですが、これは痩せたのではなくて、ただ細くなっただけなのです。

 

筋トレには言うまでもなく筋肉の増強効果があります。

ですから筋肉を大きくしてやることでたるみが解消され、引き締まることで見た目は細くなります。

しかしこれは脂肪が燃焼されて細くなったのではなく、あくまでも筋肉が大きくなったことで体が引き締まって細く見えるという視覚効果だったというわけです

 

確かにダイエットにおいて筋肉は重要な役割を負っています。

ダイエットには必要不可欠な基礎代謝はこの筋肉量によって大きく左右されるので、筋肉量が増えることはすなわち基礎代謝の向上に繋がります。

ですから効率的なダイエットを行うに際して、筋肉量を増やすというのは重要なポイントではあるわけです。

 

しかし、脂肪燃焼という観点から見れば、短時間で終了してしまう筋トレには脂肪燃焼効果はないので脂肪を落として痩せることを目的に筋トレを行っても全く意味はないということになるのです。

 

脂肪燃焼には有酸素運動が必須!

そこで脂肪燃焼に効果がある運動は何なのか?という話になってくるのですが、その運動こそが有酸素運動なのです。

有酸素運動とは継続的に長時間筋肉に力が掛かり続ける運動のことで、ウォーキングやジョギング、水泳などが代表的なものとなります。

何で有酸素運動に脂肪燃焼効果があるのか?と疑問に思われる方も多いかと思いますので、有酸素運動について少し説明していくことにしましょう。

 

筋肉を動かすには当然、エネルギーが必要となってくるのですが、体に蓄えられた脂肪をエネルギー源として利用するのは有酸素運動のみなのです。

運動は有酸素運動と筋トレに代表される無酸素運動の2つに分類することができます。

どちらとも運動時にはエネルギーを必要とするわけですが、この両者ではエネルギーとして用いられるエネルギー源が全く違うのです。

無酸素運動とは長時間ではなく短時間の運動となるために酸素が必要とならない運動を指し、瞬発的に強い力が筋肉にかかるのが特徴です。

 

そしてこの際に必要となるエネルギーには筋肉に貯蓄されたグリコーゲン(糖質)が利用されます。

これに対して有酸素運動は体脂肪をエネルギー源とする性質をもちます。

これは脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが深く関係しています。

このリパーゼは通常体温から1~2℃上がった状態で活性化するという性質を持ちます、ですから酸素運動に比べて長時間となる有酸素運動を行うことによって、リパーゼが活性化して、脂肪が分解されてエネルギーとして利用されることになるわけです。

 

しかし注意しなければならないのは、リパーゼが活性化するのは有酸素運動開始後20分が目安とされている点です

よって、有酸素運動を言えども、20分を超える運動継続がなければ脂肪燃焼効果は得られないということになってくるのです。

有酸素運動に脂肪燃焼効果があるのも、その運動時間とリパーゼの活性が合致してこそ得られる結果であって、ただ有酸素運動を行えばOKというわけではないということをチャンと理解して、適切な運動を行うようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る