脂肪燃焼に効果的な運動の順番は?

最近は有酸素運動だけでなく、筋肉トレーニンも取り入れたダイエット法が有効だと言われています。

これは脂肪燃焼を発揮しながら、ダイエットで失われがちな筋肉量を確保するためという目的があるのですが、実は行う順番に気を配るだけで更なる脂肪燃焼効果を発揮することも可能なのです。

 

脂肪燃焼に効果的な運動の順番は?

ダイエット時に行う運動には、ウォーキングやジョギング、水泳に代表される有酸素運動と筋肉トレーニングの2つが挙げられます。

脂肪燃焼という目的で有酸素運動ばかりを行う人もいるのですが、有酸素運動には脂肪燃焼効果はあるものの、筋肉を大きくするという効果はありません。

ですから、ダイエット時に必ず発生する筋肉減少をカバーするためにも、筋肉を大きくする効果のある筋肉トレーニングを並行して行うのが一番オススメのダイエット法だと言われています。

 

そこで問題なのですが、この有酸素運動と筋肉トレーニングを並行して行う場合、その順序はどうすれば効果的なダイエットが行えるのでしょうか?

そんなことは全く考えずにダイエットに取り組んでいる人も多いかと思いますが、どうせやるなら少しでも効率よく効果の高いダイエットを行いたいものです。

 

そこで今回は、脂肪燃焼に効果的な運動の順番はどうすればいいのかについて考えていくことにしましょう。

 

脂肪燃焼に効果的な運動の順番は?

有酸素運動と筋肉トレーニングはどちらを先にした方が、効果的な脂肪燃焼効果が生まれるのでしょうか?

これは結論から言うと、筋肉トレーニングを先にやった方が脂肪燃焼効果はアップします。

これは有酸素運動時に分泌される脂肪分解酵素が大きく関係してきます。

 

有酸素運動には脂肪燃焼効果がありますが、それは有酸素運動に必要となってくるエネルギーに燃焼された脂肪が使用されるからです。

しかし、この脂肪燃焼は有酸素運動を始めたと同時に行われるわけではありません。

脂肪をエネルギーとして利用するためには、脂肪を分解してエネルギーに変える必要があります。

その脂肪分解の働きを司るのが、脂肪分解酵素です。

 

しかし、この脂肪分解酵素は通常体温よりも1~2℃上がった状態でないと活性化しないという特性があります。

ですから運動を始めてすぐは活動することができず、すぐさま脂肪がエネルギーとして利用されることはありません。

通常、この脂肪分解酵素が活性化するのに必要な運動時間は20分とされており、それまでは体内の糖やタンパク質がエネルギーとして利用されることとなります。

ですから、多くの脂肪燃焼を求めて中酸素運動を行うためには、20分以上の運動をどれだけ長時間続けるかという点が重要なポイントとなってくるのです。

 

そこで最近、話題になっているのが、どうにか脂肪分解酵素が活性化する時間を短縮することはできないかという点です。

長時間の運動継続には時間や体力の問題が出てくるので、仕事を抱える人にとっては現実的な解決策とはなりません。

そこで導き出された答えの一つが有酸素運動を行う前に筋肉トレーニングを行うという方法なのです。

筋肉トレーニングは長時間継続して行う運動ではないのですが、ある程度のトレーニングを行えば間違いなく体温の上昇は起こります。

ですから、筋肉トレーニングを終えた後に、クールダウンせずそのまま有酸素運動を行ってやれば、最初から脂肪燃焼が起こってエネルギーとすることが可能です。

 

また、筋肉トレーニング後は筋肉に負荷をかけることで破壊された筋繊維を修復しようとして大量の成長ホルモンが分泌されます。

そして、この成長ホルモンには脂肪分解酵素を活性化させて、その量を増加させるとういう嬉しい効果があるのです。

有酸素運動を行う前に筋肉トレーニングを行うことによって、脂肪がエネルギーとして利用される確率がグッとアップして、効率的かつ効果的な脂肪燃焼を行うことができるというわけです。

 

冒頭でも申しましたが、ダイエット目的で有酸素運動を行う際は、筋肉量を維持するためにも筋肉トレーニングと並行するのがおススメな方法です。

そして、この筋肉トレーニングには失われた筋肉量を補足するという役割だけでなく、脂肪燃焼効果を高めるという大きな役割もあったのです。

このことをよく踏まえた上で、効果的なダイエットを行うためにも有酸素運動と筋肉トレーニングの並行したダイエット法を実践するようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る