太らない間食時間って?

食事ダイエットをしている人にとって、間食は絶対NGというのが一般的な考え方です。

しかし、感触好きな人にとっては食事量も減らし、おやつもダメでは本当にストレスが溜まってしまいますよね。

しかし安心してください、ダイエットしているからといっても、おやつは絶対にNGというわけではないのです。

 

太らない間食時間って?

食事ダイエットを行う際には間食なんて絶対NG!と思っている人も多くいるかもしれませんが、仕事の疲れをとったり、ストレスをとってリラックス気分を演出したりと、間食にはダイエットとは関係ないところで多くのメリットを持っているのも事実なのです。

ですから、食事ダイエット中だといっても、できれば間食は行った方がいいという人は少なくないのです。

 

しかし、間食は糖分が多く含まれたものが多いために、ダイエットしている人にとっては本当に気になるところですから、グッと我慢しているという人が大半でしょう。

この間食も時間と量をチャンと守ってやれば、ダイエットの妨げにはならずに摂取することも可能なのです。

 

3時はおやつの時間というのは正しい摂取法!?

おやつの時間は3時というのが昔からの慣習ですが、これって知っていたのかどうかは分かりませんが、ダイエットをしている人にとっては本当に一番おススメの時間帯なのです。

なんで3時におやつをとるのがおススメなのかというと、それにはBMAL1というタンパク質が大きく関係しています。

BMAL1とはDNAに結合して体内時計が正常に働くように調整しているタンパク質です。

人間の体は時計を見なくても、お腹が減ったとか、眠たくなったとか感じることでおおよその時間を確認することができます。

 

これは俗に言う体内時計が正常に働いているためです。

生活のリズムが狂ってしまうと、お腹の減る時間や眠たくなる時間が全く違った時間になってしまうことがありますよね。

これは体内時計が狂ってしまったことが原因というわけなのです。

そしてこのBMAL1ですが、体内時計の調整だけでなく、脂肪の蓄積にも大きく影響しています。

BMAL1の分泌されている量が多ければ多いほど、脂肪が蓄積されやすくなるという事実が解明されているのです。

 

BMAL1は体内で分泌される時間帯が決まっており、日中はほとんど分泌されることはなく、深夜になる分泌料が増加するという性質をもっています。

ですから食事ダイエットにおいて、夕食を最も少ないカロリー数に設定するように勧められているのもチャンと理にかなった方法だというわけです。

多くの人が夜食事をするのは太りやすいと感じてはいるでしょうが、それが何でなのかまではチャンと理解している人は少ないでしょう。

それにはBMAL1が大きく関係していたというわけです。

 

そして注目してもらいたいのは、このBMAL1の分泌量とその時間帯です。

最も多く分泌されるのが午後10ころから深夜2時くらいで、この時の量はほとんど分泌されていない日中の約20倍にも当たります。

そしてこれとは逆に、最も分泌されないのが午後3時なのです。

 

これがダイエットしている人がおやつを取るのに最も適した時間が午後3時だという理由です。

午後3時はBMAL1が最も少ない時間帯ですから、最も脂肪として体に付きにくい時間帯というわけです。

これならば、脂肪になりやすい糖分や脂質を多く含むおやつの間食も安心してとることができるというわけなのです。

 

BMAL1はダイエットする上でも重要

以上のようにBMAL1の分泌が最も少ない午後3時なら間食としておやつをとるのもOKです。

しかし、このBMAL1は何もおやつをとる時間を計るためだけに利用できるわけではありません。

この特性をよく理解すれば、3度の食事量の調整も自ずと簡単になってくるのです。

 

日中はほとんど分泌されないという性質があるのですから、朝と昼の食事はしっかりとって、夕食の量を減らすというのが最も効果的な食事ダイエット法となってきます。

しかし注意しなければならないのが、乱れた生活リズムのせいで体内時計が狂ってしまった場合です。

そうなるとBMAL1の分泌リズムにも影響がでてくることとなります。

 

通常の分泌リズムと違ってくるのです。

そうなると食事量のパターンも従来のものが利用できなくなりますから、効率的かつ効果的な食事ダイエットを行うには、規則正しい生活を送るということも重要なポイントとなってくるわけです。

チャンとした食事を取って、おやつを食べながらも継続できる食事ダイエットを実践するためにも、まずは規則正しい生活を送ることを心がけるようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る