痩せたのに見た目があんまり変わらないという人は…

ダイエットは体重が減ったから成功というわけではありません。

キチンと脂肪を減らして、細くなることで初めて成功だと言えるのです。

中には減量に成功したのにも関わらず、ダイエット効果が現れていないというケースも少なくありません。

これは明らかにダイエットの失敗だと考えた方がいいのです。

 

痩せたのに見た目があんまり変わらないという人は…

ダイエットを始めて、体重もチャンと減ったのに見た目が変わらないという人はいませんか。

特に仕事に追われてダイエットに時間をかけることができない男性がらよく聞く話ですが、これはハッキリ言って失敗したダイエットの典型です。

 

「体重が減ったのに、なんでダイエットが失敗!?」

 

と驚く人もいるかもしれませんが、体重が減っているのに見た目にさほどの変化がない場合は、確実にダイエットが失敗したと考えていいでしょう。

これはダイエット初心者によくある話なのですが、体重ばかりを気にしてダイエット本来の目的を忘れてしまっていたことがこの状況を作ってしまった原因なのです。

 

ここで、誤解の無いように説明しておきますが、ダイエットとは過分についた脂肪を減らしてやることが目的です。

ですから、ダイエットを終了した時点で気にしなければならにのは、いくら体重が減ったかではなく、どれだけ脂肪が落ちたかという点なのです。

 

そして、ここで思い出してもらいたいのが筋肉です。

体の外観を作り上げるのは骨格とそれを覆うようについた筋肉と脂肪です。

ですから、脂肪がついた状態の人が肥満と呼ばれるように、筋肉のついた人を筋肉質と呼びますよね。

 

筋肉も脂肪と同じように、個人によってその付き方が全く違ってきます。

よって筋肉質の人は、そうでない人よりも筋肉の分だけ体重が重いことになるので、筋肉量の大小によっても体重は変わってくるというわけです。

 

筋肉量が体重に影響を及ぼすことは慎重に考えれば当たり前の話なのですが、いざダイエットとなると忘れてしまっていることが多いのです。

筋肉もその大小によって、体重に大きく影響してくるというわけなのですから、体重は減ったのに見た目にあまり変化がないという場合には、脂肪が落ちて体重が減ったのではなく、筋肉が落ちて体重が減った可能性が高いということになるわけです。

 

ダイエット時には必ず筋肉が減る

時間を取らず、簡単に取り組めるダイエットといえば、やはり食事ダイエットということになってきます。

おそらく時間に余裕がない男性が取り組もうとするのも、この食事ダイエットが多いのではないでしょうか。

食事ダイエットは1日に必要となってくるカロリー数よりも摂取カロリー数を減らして、足りない分を体脂肪で補うことでダイエット効果を発揮するというものです。

 

しかし、ここで注意しなければならないのは、足りないカロリーを補足するのは何も脂肪だけではないということです。

足りないカロリーの代わりに用いられるのは脂肪の他に、糖やタンパク質があり、その利用される順序がチャンと決まっているのです。

 

その順序は、糖→たんぱく質→脂肪の順です。

 

体内に貯蓄されている糖はほんの微量に過ぎませんから、次のたんぱく質が利用されまでには時間はかからないのですが、たんぱく質の正体は筋肉ですから、たんぱく質から脂肪へと順番が回るまでにはかなりの量のたんぱく質が利用されているのです。

これがダイエット時に筋肉量が落ちてしまう原因です。

いうまでもありませんが、筋肉質の人と、そうでない人の見かけには大きな違いがあります。

 

同じ身長で同じ体重の場合でも、筋肉質の人は引き締まって細く見えるのに対して、筋肉がない人はどうしても太りがちに見えてしまいます。

ですから、ダイエットをしたのはいいが見た目がさほど変わらないという場合は、脂肪が落ちたのではなく、筋肉が落ちて体重が減ったと考えるべきなのです。

 

筋肉が落ちることで起きるデメリット

そしてこのダイエットの失敗は、その後の体型維持にも大きな影響を及ぼすこととなります。

1日に消費されるエネルギー総量の80パーセントは基礎代謝によるものです。

そしてその基礎代謝によるエネルギー消費の80パーセントを占めるのが筋肉なのです。

ですから、このダイエットの失敗は筋肉量が減ったことによって、基礎代謝の落ちた太りやすい体質を作り上げたことにもなるのです。

 

脂肪が落ず、その後は太りやすくなってしまったのでは何のためにダイエットに取り組んだのかわからなくなってしまいますよね。

これからダイエットに取り組もうという人は、くれぐれもこんなことにならないように正しいダイエットを行うように気をつけてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る