ダイエットは暖かい季節に行った方が効果的!?

ダイエットを始めるならば、できるだけ効率よくダイエット効果を実現したいと考えるのは当然のことですよね。

実はそう考える皆さんには是非気をつけてもらいたいポイントがあるのです。それは、何を隠そうダイエットを行う季節です。

 

ダイエットは暖かい季節に行った方が効果的!?

ダイエットに敏感になる季節といえば夏ですよね。

これは女性ほど露出を気にしなくていい男性にとっても、過分についた脂肪を人目にさらすことにためらいがあることは間違いないでしょう。

 

ですから、夏が近くなるとセッセとダイエットに励む男性が増えてくるのですが、夏が近いからといって急に始めたダイエットが成功した試しはありません。

たとえ成功したとしてもリバウンドするのは間違いないので、あまりおススメとは言えないのです。

 

できれば、夏が近くなったからといって急に始めるのではなく、その3、4か月前くらいの春から計画的にダイエットした方が断然おススメです。

それに春先は暖かくなってくるので、ダイエットを始めるには最高のタイミングでもあります。

 

知っている人は少ないかもしれませんが、実はダイエットは寒い季節よりも暖かい季節に行った方が断然効率がよく、成功率も高くなってくるのです。

なんで季節が関係してくるの?と思われる人も多いかもしれませんが、ダイエットの成功を左右する脂肪燃焼が、寒い時よりも暖かい時の方が断然高いことが理由です。

ですから、ダイエットを始めるのならば寒い冬場よりも暖かくなる春先以降がおススメとなってくるのです。

 

暖かい時期は脂肪が減りやすい

体脂肪は摂取カロリー不足の時に、それを補うという働きもありますが、他にも身体を外敵から守るという重要な働きもあります。

体内の内臓器官も周りについた体脂肪によって外からのショックから保護されていますし、気温の急激な変化からも身体を守る役割を負っています。

 

そして、この気温から身体を守るという機能がダイエット時には大きな影響を与えることになってくるのです。

冬場になると急激な気温の変化が起こります。

 

すると身体は外気から守るために脂肪をつけようとする働きが活発になります。

つまり人の身体は寒いところで過ごしていれば脂肪を蓄えようとする働きが活発になりますし、逆に暖かいところで過ごしていれば余分についた体脂肪を落とそうという働きが活発になるのです。

 

これは何も人間だけに限った話ではありません。

極寒の地で暮らしているアザラシやペンギンはビックリするくらい厚い脂肪層を持っていますし、同じアザラシやペンギンでも比較的気温が高い所に住んでいるものは、極寒の地で暮らしているものよりも脂肪層が薄いのです。

 

つまり、地球上の生物は寒さに合わせて脂肪のつき方をコントロールしているというわけなのです。

ですから、この働きを考えると冬場の脂肪が落ちにくい時にダイエットをするよりも、春先以降の暖かい時期にダイエットをした方が、効率的な脂肪減少効果が得られるのです。

 

寒い時にダイエットを行うデメリット

また、ダイエットを行うのが暖かい時の方がいいというのは、何も脂肪燃焼の面だけで言っているのではありません。

寒い冬場にダイエットを行うと危険を伴うことにもなるのです。

 

急に冷たい水の中に入ると心臓発作を起こす危険性があるという話は聞いたことがあるかと思いますが、冷えた血液が心臓に流れ込むと心臓麻痺を起こす確率がグンと高くなります。

寒いところで運動すると、外気で冷やされた手足などを流れる血液が心臓にたくさん流れ込みます。

 

血流は運動量と大きく関係しているので、激しい運動をすればするほど心臓に流れ込む血液は多くなるので、心臓発作を起こす可能性はグンと上がってくるというわけです。

しかも冬場は室内が暖かいために、外との温度差が激しくなります。

血管は外気差を感じて太くなったり、細くなったりして血流量を変えながら体温調整を行います。

ですから急激な温度差がある場合には、急激な血流量の変化が生じて血圧が大きく変動します。

これで心臓発作や脳梗塞などの重篤な症状を発症することも多いのです。

ですから、冬場のダイエットはおススメできないのです。

 

以上のように、ダイエットは効率面、安全面ともに寒い季節よりも暖かい季節に行う方が断然おススメです。

ダイエットを始めてみようと思っているみなさんも、始めるならばメリットの多い春先から開始してみてはいかがですか。

関連記事

ページ上部へ戻る