タバコダイエットって本当に効果があるの?

タバコをやめると太ってしまうと考えている人は多いことでしょう。

それに最近はタバコダイエットというものまで出てきているので、太りたくないならやっぱりタバコはやめない方がいいのではと考えている人も少なくないことと思います。

しかし、このタバコによって得られるダイエット効果は本当に続けていて良いものなのでしょうか?

 

タバコダイエットって本当に効果があるの?

「タバコをやめて太ってしまうのが怖い」そう思っている人は意外と多いかと思います。

実際、タバコをやめた人が太ってしまたという話はよく耳にしますし、吸っているからこの体重を維持できていると考える人がいても不思議ではないでしょう。

 

それもあってか、最近はタバコダイエットなるものまで登場してきているのですが、このタバコダイエットって本当に効果があるのでしょうか?

今回はこのタバコとダイエットの関係について考えていきたいと思います。

 

タバコにダイエット効果はあり?なし?

タバコは知ってのとおり、精神をリラックスさせるという効果はありますが、常習性が高く、体にも多くの弊害を与えることで知られています。

そしてタバコにダイエット効果があると考えれているのも、タバコが体に与える弊害が引き起こした結果だと言えるでしょう。

 

タバコにダイエット効果があると考えられているのには、まずは喫煙によって体内に取り込まれた有害物質が各内臓器官を痛めつけ、その結果消化吸収作用が満足にできないという点が挙げられます。

タバコが発ガン性物質を含むことはもはや周知の事実ですが、それはタバコがもたらす健康被害の最終的な形であって、ガンにならなくても内臓器官はタバコの有害物質によって大きな被害をこうむっているのです。

喫煙者は食べたものを十分吸収できないので、タバコを吸わない人よりも脂肪が体につきにくいというわけです。

 

そしてもう一つがタバコの食欲低下作用です。

タバコに含まれるタールやニコチンには空腹感を麻痺させるという働きがあります。

このメカニズムを応用したのがタバコダイエットなのですが、食事の前にタバコを吸うことによって空腹感を麻痺させて食べ過ぎを防止するというものです。

 

タバコの空腹感を麻痺させる働きについては、タバコを常習的に吸っていたことがある人ならば誰しも体験しているかと思います。

お腹は減ったけど仕事が終わらず、取り敢えずタバコを吸えばいつの間にやら空腹感を忘れてしまうということはよくあることでしょう。

 

以上のように、タバコにダイエット効果があるのか?と聞かれれば結果的にはYESとうことになるわけです。

しかし、よく認識しておかなければならないのは、これらタバコによって得られるダイエット効果は全て私たちの体内器官を傷つけることによって得ることができるものだということです。

痩せれるならば内蔵の一つや二つは構わないという人はいないでしょう。

 

そうなるとやはり、タバコによるダイエット効果を求めるのは、高リスク低リターンの典型とも言えるのです。

ですから結論から言えば、決しておススメできるダイエット法とは言えませんよね。

 

有酸素運動には禁煙効果アリ!

ダイエットをするならば、やはりタバコダイエットは避けた方がいいのですが、ダイエットしながら禁煙効果が発揮できるというビックリするような話があるのです。

タバコの弊害は先程説明した通りですから、できればやめたいと思っている人は少なくないでしょう。

 

そんな人におススメなのが最も一般的なダイエット法である有酸素運動です。

イギリスのエクセター大学が中心となって行われた「禁煙に関する19の臨床データ」で、有酸素運動にニコチン欲を抑える効果があることが実証されたのです。

 

この実験の中で、喫煙者を2グループに分けて、1つがウォーキングなどの有酸素運動を行わせた状態、もう1つがテレビ鑑賞をしている状態で禁煙をさせたところ、有酸素運動をしているグループの方が「タバコを吸いたい」という人が圧倒的に減ったとのことです。

それって当たり前だろ!とツッコミを入れる人もいるかもしれません。

確かに運動しながらタバコを吸う人なんていませんからね。

それにタバコを吸いたいという欲求が抑えられるのも、運動継続中だけであることからも、有酸素運動がニコチン欲の抑制に本当に効果があるのかは疑わしいところでしょう。

しかし、タバコを吸いたいと感じたら運動を開始するというイメージが固定できればダイエットと禁煙双方が上手くいくわけですから、興味がある人はまずは試してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る